クラオタ女スズキは実験的に自己紹介YouTube動画を作って全世界に「こんにちは」と言った

Classical Music Otaku Tokyo Japan - Find out more about Suzuki-san (experimental beta version) 活字文化が消えるとは思っていない。昨日は久しぶりに大型書店の立ち読み(趣味)に行けてスッキリしたのだった。今後も本は我々ニンゲンにとって大事なお…

高崎芸術劇場 2019年10月30日 ファウスト(ヴァイオリン)& メルニコフ(ピアノ)鑑賞後メモ&日帰り旅メモ

こんにちは。 全国コンサートホール探訪記のコーナーです。(ん?そんなコーナーあったかしら?)今回スズキさんが音楽鑑賞を楽しんだのは、群馬県高崎市に誕生した新しいホールです。まずは基本情報をチェックしましょう。 高崎芸術劇場について 大劇場(2,…

予習完了 ラモー作曲オペラ「プラテー」 最高神ジュピターに利用されて捨てられるカエル的女子プラテーの悲劇あるいは喜劇?

良い子の皆さん、こんにちは。 音楽好きで神出鬼没なスズキさんですよ。 今ちょうどスズキ王国で上演するオペラ作品の検閲中なのです。「検閲」とは、我が国民たちにとって害のある作品を国内で上演しないように、事前にチェックして許可・不許可を決める作…

チェコのブルノで2019年10月上演のオペラ「イェヌーファ」(ヤナーチェク作曲)6ヶ月間YouTubeで無料公開中なので是非・・・

明日は休日なのに、やることが無い? ではぜひコチラの動画をどうぞ! JENŮFA Janáček - National Theatre Brno 去年のヤナーチェク音楽祭の映像やインタビュー映像を除けば、2時間程度の鑑賞タイム。2019年10月10日から6ヶ月間、YouTubeチャンネル Opera Vi…

ニコラ・アンゲリッシュ ピアノ・リサイタル 2019年10月15日 鑑賞後メモ

紀尾井ホール 2019年10月15日 ピアノ:ニコラ・アンゲリッシュ J. S. バッハ(ブゾーニ編)コラール「いざ来たれ、異教徒の救い主よ」BWV659 ブラームス7つの幻想曲集 op. 116 ベートーヴェンピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 op. 27-2「月光」 (休憩) シュ…

ザルツブルク 文豪シラー像の前に並ぶキュウリの謎を解け!(旧スズキブログより)

2015年夏の音楽旅でザルツブルクに立ち寄ったスズキ。あのキュウリたちは何を想ってあそこで立っていたのだろう。帰国後に書いた考察を微修正して以下に掲載する。 ■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o■o 文豪シラー像の前に並ぶキュウリの謎を…

スズキ旅行社 特別企画 2019年12月 クリスマスにドイツのライプツィヒ&ドレスデンでバッハ他の音楽を楽しむ 旅プランのご案内

オススメ旅プラン10月号の読者の皆さま スズキ旅行社の代表スズキでございます。いつもご贔屓いただきありがとうございます。このたびスズキ旅行社は、親愛なる皆さまのためにオススメの素晴らしい旅プランを企画致しました。 ぜひご検討いただき、ご自身で…

オペラ オネーギン 新国立劇場 2019年10月6日 鑑賞後メモ

指揮:アンドリー・ユルケヴィチ 演出:ドミトリー・ベルトマン タチヤナ:エフゲニア・ムラーヴェワ オネーギン:ワシリー・ラデューク レンスキー:パーヴェル・コルガーティン オリガ:鳥木 弥生 グレーミン公爵:アレクセイ・ティホミーロフ そのほかの…

日本のクラシック音楽公演の残念なところを4つ挙げてみた

ネガティブ人間スズキらしく、ネガティブな内容の記事を書こう。 日本のクラシック音楽公演の残念なところ(スズキ編) 1.東京一極集中 公演の数、オーケストラの数、ホールの数において、東京は世界一かもしれない。当たり前のように毎日複数の公演がある…

オランダ・バッハ協会管弦楽団&佐藤俊介(ヴァイオリン、音楽監督)

2019年9月30日浜離宮朝日ホール J. S. バッハヴァイオリン協奏曲 ニ短調 BWV1052Rより 第1楽章 ビゼンデルダンスの性格の模倣 ヴィヴァルディ協奏曲 ヘ長調 RV98「海の嵐」 J. S. バッハ管弦楽組曲 第1番 ハ長調 BWV1066 休憩 J. S. バッハヴァイオリンとオ…

チャイコフスキー作曲オペラ「エフゲニー・オネーギン」予習完了

完了と言えるほど理解できていないのは、ロシア語のせいということにしよう。 原作(図書館にあるはず) 表紙クリック→Amazon スズキ的「あらすじ」 田舎に暮らすお嬢様タチヤナは、都会からやってきた隣人オネーギンに一目惚れ。もがき苦しみながらラブレタ…

好きな調について語ろう!アナタの好きな調は何?(スズキによる"超" "調" 入門)

何度も同じことを言っているかもしれないが、世間と話が合わない。一般人は基本的に仲間と家族と日常と流行にしか興味がないのだが、わたしはそんなものには興味がない。いったい、それらのどこが面白いのだろう。 クラシック音楽に限らず、何かにハマった人…

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2019. All rights reserved.