クラシック音楽の世界に来てはいけません!キケンですよ!(にやり)

最初に書いた、皆さんをクラシック音楽の世界に誘導するための記事 ↓ の逆バージョンです。 www.music-szk.com クラシック音楽にのめり込むと、以下のような状況に陥る可能性があります。ただし、すべての人に当てはまるわけではありません。個人差がありま…

クラリネットで聴く見事なクジャクのダンスに導かれて・・・クラリネット奏者マルティン・フロストを知った

アナタが週末に楽しむ動画として、こんなのいかがでしょう? 他に書く予定の記事があったのだが、今朝発見したこの動画を先にご紹介したい。 ご覧ください。カブリ物をかぶった男がクラリネットを演奏? 子どもたちのヒーロー5人組ナントカ戦隊ナントカレン…

ゾクゾクする崇高な響きがたまらない バッハ「モテット」CD

お気に入りのCDを紹介しようと思っていろいろ調べていたら、日本語解説を付けてCDを輸入販売していた株式会社マーキュリーがどうやら消えてしまったらしい?ということを知った。 ショックだ・・・ 同社主催のサロン的なトークコンサートにも行ったことある…

我が偏愛の・・・3

シリーズ第3回 今回は詳細ページは無し。この3人を組み合わせた意味は特に無いけど、ついでにお目当ての人以外のところも読んでもらえると良いなと思う。 ピアニスト ピョートル・アンデルシェフスキ(1969- ポーランド) カウンターテノール フィリップ・ジ…

近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2018 いまさらですが音楽旅レポート(東京⇔びわ湖)

ゴールデンウィークは音楽祭に行こう! 全国各地の皆さん、びわ湖の音楽祭などいかが?!?! 日本のゴールデンウィークと言えば、クラシック音楽の音楽祭ですね!(え?!知らないの?) 昨年(2018年)はこれまでと違う動きがありました。 フランス発の音…

パーセル作曲 オペラ「ディドとエネアス」(ゆる~い解説)

パーセルって誰? イギリスの作曲家ヘンリー・パーセル(1659年~1695年)はバロック時代に活躍しましたが、実はわたしは彼の作品はまだあまり聴いたことがありません。 2016年のクリスマスにドイツのライプツィヒで1曲だけ聴きました。弦楽四重奏による演奏…

東京のクラシック音楽コンサートは19時スタートで良いのか?

ああ、禁断症状が・・・ そろそろ再びヨーロッパ旅をしたい(切実) 脱ニッポン・・・ (スズキ、心の叫び) ところで皆さん、海外旅行先でクラシック音楽を鑑賞すると、あることに気付きます。 夜のコンサート開始時間が東京とは違うのです。ヨーロッパのコ…

エキセントリックで魅力的なクラシック音楽界の男たち 3選

ネマニャ・ラドゥロヴィッチ Nemanja Radulovic 1985年 旧ユーゴスラヴィア生まれ Khachaturian: Violin Concerto - Nemanja Radulović - Live Concert HD 2008年、クラシック音楽初心者だったわたしは、東京国際フォーラムでゴールデンウィークに開催されて…

ピアニストや歌手によるレッスンを見学!公開マスタークラスの楽しみ

クラシック音楽はむずかしいですか? むずかしいから敬遠されていると思っている人々も多いことでしょう。そう思っている音楽家や音楽関係者は、とにかく「かんたんで楽しいからコンサートに来てください!」とアピールするのです。 でもね、スズキは思うの…

LFJ公開マスタークラス ピアノ 講師エマニュエル・シュトロッセ(2014年5月の旧スズキブログより)

(これは閉鎖した旧スズキブログに掲載していた記事の抜粋です。) 2014年5月 ■マスタークラス講師:エマニュエル・シュトロッセ(ピアノ)曲:ラヴェル「鏡」より「道化師の朝の歌」 シュトロッセ先生のマスタークラスを見学するのは2回目です。相変わらず…

LFJ公開マスタークラス ピアノ 講師ルイス・フェルナンド・ペレス(2013年5月の旧スズキブログより)

(これは閉鎖した旧スズキブログに掲載していた記事の抜粋です。) 2013年5月 マスタークラス 講師:ルイス・フェルナンド・ペレス(ピアノ) 曲目:グラナドス「ゴイェスカス」嘆き、またはマハとナイチンゲール ちょうどこの直前にペレスさんのグラナドスC…

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2019. All rights reserved.