コロナ危機で中止・延期になった5公演について語ってスッキリする作戦

(超長文) 皆さん、こんにちは。 今に始まったことではありませんが、相変わらず暗い気分で生きてます。わたしはずっと、一人で外に出てあれこれ自由に満喫する超リア充なお一人様でした。自分にとって最も大事なものは生演奏を鑑賞することと一人でヨーロ…

旅する音楽好きのスズキは夏にドイツの音楽祭に行けるのか(モノローグ)

悶々と悩んだ末に、今日、ついに7月下旬出発の東京・ヨーロッパ往復航空券を購入した。ただし、言うまでもないが最終的にキャンセルする可能性がある。 旅したい 旅したい 旅したい もう、スズキは国内旅ではダメなんだ。 どこに行っても日常の延長線上でし…

いつから私たちはアーティストに理想的なポジティブ人間であることを強いるようになったのだろう

シューベルトだって、ベートーヴェンだって、ワーグナーだって、マーラーだって・・・過去の偉大な作曲家たちの多く(ほとんど皆?)は、ネガティブな感情に苦しんだ時期を経験している。 わたしたちは、そんな人間らしい弱いところも含めて作曲家たちを愛し…

カピュソン兄弟&フランク・ブラレイの演奏(トリオ or デュオ)を日本で鑑賞したい・・・と思っている人は沢山いるのよ!!!(たぶんね)

ご存じの通り、今年ベートーヴェンさんは250歳になる。 ベートーヴェンさん、おめでとうございます!! 偉大なる作曲家の記念イヤーを祝うため、数々のコンサートやCD企画が世界各地で行われる。 音楽好きのスズキが特別にご紹介したいのはこちらだ。 Renaud…

作曲家ヴィクトル・ウルマンが命を落としたアウシュヴィッツ収容所の解放から75年 ドイツのピアニストの新作CD

北ドイツ放送(NDR)のラジオインタビュー番組については、度々ブログ内でも触れてきた。Podcastをダウンロードしてドイツ語の勉強に利用している。(理解度10%だけど・・・恥) NDR Kultur à la carte NDR Kultur 社会/文化 ¥0 podcasts.apple.com 1月27…

ヴァーグナー作曲 楽劇「トリスタンとイゾルデ」で学ぶドイツ語講座

ドイツ語学習者の皆さんへ! もし、ここに挙げられたドイツ語の単語やフレーズにビビビと来たら、アナタはドイツ語オペラの世界に向いているかもしれませんよ。こわくないから、こっちの世界においで!! 受講者の皆さんへ! この講座を担当するスズキ先生で…

ヴァーグナー作曲 楽劇「トリスタンとイゾルデ」入門 初鑑賞に向けて勉強中の人のアタマの中 理解と疑問を整理

怖くないから、こっちにいらっしゃい! 絶望の国へようこそ!(にっこり!) ああ!逃げないで~ ( ↑ パワポで作ったスズキオリジナルのタイトル画像デザイン!) あらすじ・・・段階的に 対訳リブレット(独・日)を見ながら3回CDを聴いたが、よく分からな…

メゾソプラノ歌手 ケイト・リンジー に猛烈に憧れる

まずは映像で確認していただこう。 こちらは普段のケイトさん。 ケイト・リンジー Kate Lindsey 1980年米国ヴァージニア州リッチモンド生まれのメゾソプラノ歌手(「リンジー」ではなく「リンゼイ」という表記もある) Orlando | Spotlight on: Kate Lindsey…

過去記事「オンライン性格診断」「ドイツ語学習法」再編集 & 新コンテンツ「オペラ鑑賞の計画・準備ガイド」追加

オンライン性格診断 www.music-szk.com 久しぶりに自分の診断結果INTJの解説を読んで、やはり笑ってしまったわ。 ドイツ語学習法 www.music-szk.com 情報を取捨選択してスッキリ。最近使い始めたインターアクティブ学習サイトについても追記。記事リンクをサ…

英国ロンドンのウィグモア・ホールのYouTubeチャンネル

前記事の続きではないのだが、日本の音楽シーンに飽きてしまった人は世界に目を向けよう!遠慮することはない。アナタの楽しみはどんどん広がっていく。怖くないからこっちにいらっしゃい。 そんな皆さんにイギリスはロンドンのウィグモア・ホールをご紹介す…

PRESIDENT Online 【日本のクラシックは「オタク」に殺されつつある】を読んで

president.jp その「オタク」って、スズキのことかしら? いや、文章の中で取り上げられているのは評論家やジャーナリストなので、「情報発信者」とは言っても、誰も読まない不人気ブログを書いているワタシのような人は違うよね?(笑) わたしがクラシック…

旅する音楽好きのスズキ 2020年1月 ロンドン クラシック音楽旅のメモ(旅のミニ動画付き)

クラシック音楽ファンの旅先として、イギリスはそれほどメジャーではない・・・とスズキは思っている。 我々には、どうしても作曲家信仰というのがある。愛する作曲家が生まれ育った場所や活動した場所で、その作曲家による作品を聴きたい。人物や作品の理解…

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2020. All rights reserved.