クラシック音楽コンサート 開演前・休憩中のドリンクをフリードリンク化しよう!

コンサートホール関係者の皆さん、チケット代を値上げしたいでしょう? そうでしょう?! たとえば、チケット代を一律500円アップ。その代わりにフリードリンクを提供するというのはいかがでしょう? それならお客さんも、ある程度は納得してくれるかもしれ…

2019年5月14日 シューマン歌曲リサイタル ユリアン・プレガルディエン & エリック・ル・サージュ

ありがとう その1 テノール歌手のユリアンさん(同業の父親と区別するためにファーストネームで呼びたい)、ピアニストのル・サージュさんをシューマン歌曲プロジェクトに巻き込んでくれてありがとう!ドイツにも素晴らしいピアニストが沢山いるのに、歌曲…

日本のクラシック音楽コンサートもEチケットを導入しよう!

ある年、音楽好きのSさん(仮名)は、ゴールデンウィークに東京で開催される音楽祭の有料コンサート10公演のチケットをネットで購入した。チケット郵送はとっても高いので、Sさんはコンビニ発券を選択した。 コンビニ発券の流れ: オンライン購入↓ チケッ…

いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭2019 東京から金沢まで聴きに行った人のお話

音楽好きのスズキ、ついに金沢に進出 去年の琵琶湖に続き、新しい音楽祭を訪問する旅。金沢の音楽祭関係者の皆様、ラ・フォル・ジュルネ卒業おめでとうございます! 金沢の今年の音楽祭のテーマは北欧とロシア。 ん?なんでだろう・・・ ええと、文化地域で…

小曽根さんのガーシュインとブラレイさんのラヴェルを同時に聴くという奇想天外なプログラムはやっぱり楽しかった!

旅人スズキは、この公演のために旅先から東京に戻ってきた。 2019年5月5日ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019東京国際フォーラム ホールA ガーシュイン ラプソディ・イン・ブルー ピアノ:小曽根 真 ラヴェル ピアノ協奏曲ト長調 ピアノ:フランク・ブラレイ …

シューマン作曲の歌曲で学ぶドイツ語講座

ドイツ語学習者の皆さんへ! もし、ここに挙げられたドイツ語の単語やフレーズにビビビと来たら、アナタはシューマンが作曲した歌曲に向いているかもしれませんよ。こわくないから、こっちの世界においで!! 受講者の皆さんへ! この講座を担当するスズキ先…

我が偏愛の・・・4

生演奏こそ音楽の醍醐味だと思うスズキにしては珍しく、今は亡き往年の演奏家について取り上げる。 クラシック音楽ファンの中には「昔のスターは凄かった」「それと比べて最近の演奏家は・・・」と嘆く人も多い。そんな人は、おそらくコンサートには滅多に足…

Amazon電子書籍 チェコ音楽旅 販売開始のお知らせ | クラオタ的チェコ旅の作り方 ヒント集

2018年11月のヨーロッパ音楽一人旅が本になりました。アマゾンの電子書籍キンドル本として出版しました。スズキの欧州音楽旅シリーズ第4巻の旅先はチェコです。 執筆に時間がかかってしまいました。多忙だったのです。でもそれだけではありません。書きたい…

今からでも間に合う!クラシック音楽三昧の10連休

国内でクラシック音楽コンサート鑑賞 夏のヨーロッパ音楽旅を計画(あるいは旅は不可能だから妄想だけ) 自宅にこもってネットで無料音楽鑑賞 国内でクラシック音楽コンサート鑑賞 2019年4月27日(土) 28日(日) 近江の春 びわ湖クラシック音楽祭 びわ湖ホ…

2019年4月14日 シェーンベルク「グレの歌」

忙しいので感想は書きませんと宣言したのだが、おもしろかったので少しだけ・・・ 東京・春・音楽祭 2019年4月14日 東京文化会館大ホール 指揮:大野和士ヴァルデマール王:クリスティアン・フォイクトトーヴェ:エレーナ・パンクラトヴァ農夫:甲斐栄次郎山…

2019年4月11日 イゴール・レヴィット ピアノリサイタル

2015年夏、わたしはオーストリアのシューベルティアーデという音楽祭で彼の演奏を聴くことになっていた。わざわざ演奏予定のベートーヴェンのピアノソナタの楽譜(3番と17番)を買って鑑賞の予習に励んでいた。そして「初鑑賞で即効惚れ込む」というシナリオ…

ワーグナー作品で学ぶドイツ語講座 さまよえるオランダ人

ドイツ語学習者の皆さんへ! もし、ここに挙げられたドイツ語の単語やフレーズにビビビと来たら、アナタはワーグナー作曲のオペラに向いているかもしれませんよ。こわくないから、こっちの世界においで!! 受講者の皆さんへ! この講座を担当するスズキ先生…

シェーンベルク作曲「グレの歌」で学ぶドイツ語講座

ドイツ語学習者の皆さんへ! もし、ここに挙げられたドイツ語の単語やフレーズにビビビと来たら、アナタはシェーンベルクが作曲した「グレの歌」に向いているかもしれませんよ。こわくないから、こっちの世界においで!! 受講者の皆さんへ! この講座を担当…

クラシック音楽の世界に来てはいけません!キケンですよ!(にやり)

最初に書いた、皆さんをクラシック音楽の世界に誘導するための記事 ↓ の逆バージョンです。 www.music-szk.com クラシック音楽にのめり込むと、以下のような状況に陥る可能性があります。ただし、すべての人に当てはまるわけではありません。個人差がありま…

クラリネットで聴く見事なクジャクのダンスに導かれて・・・クラリネット奏者マルティン・フロストを知った

アナタが週末に楽しむ動画として、こんなのいかがでしょう? 他に書く予定の記事があったのだが、今朝発見したこの動画を先にご紹介したい。 ご覧ください。カブリ物をかぶった男がクラリネットを演奏? 子どもたちのヒーロー5人組ナントカ戦隊ナントカレン…

ゾクゾクする崇高な響きがたまらない バッハ「モテット」CD

お気に入りのCDを紹介しようと思っていろいろ調べていたら、日本語解説を付けてCDを輸入販売していた株式会社マーキュリーがどうやら消えてしまったらしい?ということを知った。 ショックだ・・・ 同社主催のサロン的なトークコンサートにも行ったことある…

我が偏愛の・・・3

シリーズ第3回 今回は詳細ページは無し。この3人を組み合わせた意味は特に無いけど、ついでにお目当ての人以外のところも読んでもらえると良いなと思う。 ピアニスト ピョートル・アンデルシェフスキ(1969- ポーランド) カウンターテノール フィリップ・ジ…

近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2018 いまさらですが音楽旅レポート(東京⇔びわ湖)

ゴールデンウィークは音楽祭に行こう! 全国各地の皆さん、びわ湖の音楽祭などいかが?!?! 日本のゴールデンウィークと言えば、クラシック音楽の音楽祭ですね!(え?!知らないの?) 昨年(2018年)はこれまでと違う動きがありました。 フランス発の音…

パーセル作曲 オペラ「ディドとエネアス」(ゆる~い解説)

パーセルって誰? イギリスの作曲家ヘンリー・パーセル(1659年~1695年)はバロック時代に活躍しましたが、実はわたしは彼の作品はまだあまり聴いたことがありません。 2016年のクリスマスにドイツのライプツィヒで1曲だけ聴きました。弦楽四重奏による演奏…

東京のクラシック音楽コンサートは19時スタートで良いのか?

ああ、禁断症状が・・・ そろそろ再びヨーロッパ旅をしたい(切実) 脱ニッポン・・・ (スズキ、心の叫び) ところで皆さん、海外旅行先でクラシック音楽を鑑賞すると、あることに気付きます。 夜のコンサート開始時間が東京とは違うのです。ヨーロッパのコ…

エキセントリックで魅力的なクラシック音楽界の男たち 3選

ネマニャ・ラドゥロヴィッチ Nemanja Radulovic 1985年 旧ユーゴスラヴィア生まれ Khachaturian: Violin Concerto - Nemanja Radulović - Live Concert HD 2008年、クラシック音楽初心者だったわたしは、東京国際フォーラムでゴールデンウィークに開催されて…

ピアニストや歌手によるレッスンを見学!公開マスタークラスの楽しみ

クラシック音楽はむずかしいですか? むずかしいから敬遠されていると思っている人々も多いことでしょう。そう思っている音楽家や音楽関係者は、とにかく「かんたんで楽しいからコンサートに来てください!」とアピールするのです。 でもね、スズキは思うの…

LFJ公開マスタークラス ピアノ 講師エマニュエル・シュトロッセ(2014年5月の旧スズキブログより)

(これは閉鎖した旧スズキブログに掲載していた記事の抜粋です。) 2014年5月 ■マスタークラス講師:エマニュエル・シュトロッセ(ピアノ)曲:ラヴェル「鏡」より「道化師の朝の歌」 シュトロッセ先生のマスタークラスを見学するのは2回目です。相変わらず…

LFJ公開マスタークラス ピアノ 講師ルイス・フェルナンド・ペレス(2013年5月の旧スズキブログより)

(これは閉鎖した旧スズキブログに掲載していた記事の抜粋です。) 2013年5月 マスタークラス 講師:ルイス・フェルナンド・ペレス(ピアノ) 曲目:グラナドス「ゴイェスカス」嘆き、またはマハとナイチンゲール ちょうどこの直前にペレスさんのグラナドスC…

LFJ公開マスタークラス ピアノ 講師フランク・ブラレイ(2016年5月の旧スズキブログより)

(これは閉鎖した旧スズキブログに掲載していた記事の抜粋です。) 2016年5月 G402 講師:フランク・ブラレイ(ピアノ) 素人スズキによる理解をベースに書いてますから、間違いも多いと思います。参考にしてはいけませんよ!! 世の中には先生に向いている…

公開マスタークラス 歌曲の名伴奏者ヴォルフラム・リーガー先生へ(2013年11月の旧スズキブログより)

(これは閉鎖した旧スズキブログに掲載していた記事です。) 2013年11月 歌曲の名伴奏者ヴォルフラム・リーガー先生へ 初めまして。音楽好きのスズキと申します。クラシック音楽鑑賞歴もうすぐ6年です。今夏にシューベルティアーデに行ってからドイツ歌曲に…

ワーグナー作品で学ぶドイツ語講座 ローエングリン

ドイツ語学習者の皆さんへ! もし、ここに挙げられたドイツ語の単語やフレーズにビビビと来たら、アナタはワーグナー作曲のオペラに向いているかもしれませんよ。こわくないから、こっちの世界においで!! 受講者の皆さんへ! この講座を担当するスズキ先生…

来日情報 ヴァイオリニスト佐藤俊介&オランダ・バッハ協会 2019年9月~10月

数日前、スズキはこんな動画を楽しんでいた。 Bach, Vivaldi, Scarlatti - Concerto Köln - Full Concert 2018 古楽アンサンブルのコンチェルト・ケルンのコンサートなのだが、おや? そこにいらっしゃるのはオランダ・バッハ協会の佐藤俊介さんではないか!…

変わり者のための交響曲入門ガイド

たぶん、スタンダードな入門ガイドとは違うことを書いているので、普通の情報を求めている人には向かない記事でしょう。この記事に限らず、スズキブログの記事は少々視点がおかしいので、気をつけましょうね。 まずは論より証拠。スズキの好きな交響曲を2曲…

タンホイザー 新国立劇場 2019年1月27日

スズキ作 ワーグナー「タンホイザー」の人物関係図 「あ!おもしろそう」と思ったら、自分であらすじを探して読んで、音源や映像を鑑賞してみてくださいね。 2019年1月27日(日)新国立劇場 リヒャルト・ワーグナー作タンホイザー ドイツ語上演 指揮:アッシ…

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2019. All rights reserved.