弦楽器

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ・・・

君はスパレンマンを知っているか?! ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラという楽器について

最近、オランダ・バッハ協会 Netherlands Bach Society のYouTubeチャンネルをチャンネル登録した。「協会」という名前だが、1921年に設立されたオランダで一番古い古楽の演奏団体である。今年2018年6月からヴァイオリニストの佐藤俊介さんが音楽監督。 今日…

2018年10月9日 コリヤ・ブラッハー ヴァイオリン・リサイタル

トッパンホール Toppan Hall ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ 第3番 変ホ長調 Op.12-3 ショスタコーヴィチ ヴァイオリン・ソナタ Op.134 フランク ヴァイオリン・ソナタ イ長調 ワイル(フレンケル編) 舞台音楽「三文オペラ」より ガーシュウィン(ハ…

フランスのバロック作曲家マラン・マレの映画を楽しむ方法

長い間、わたしの好きなフランスのバロック作曲家はラモーだった。 そして、次に興味を持ったのがマラン・マレ Marin Marais (1656 – 1728) だった。 La Rêveuse: Les folies d'Espagne de Marin Marais (extrait par Jordi Savall) なんという凄まじいハイ…

ヴィオラ奏者 ニルス・メンケマイヤー あえてヴィオラ独奏というキャリアを選んだ人はカッコイイ

Nils Mönkemeyer 1978年、ドイツのブレーメンに生まれる 北ドイツ放送 (NDR) のラジオ番組 Klassik à la carte を、ドイツ語を勉強しているクラシック音楽ファンに薦めたい。ポドキャストで聴ける。 www.ndr.de わたしはまだ十分にドイツ語を理解できていな…

チェロ奏者 ジャン=ギアン・ケラス 幅広く活動するスーパーマン

Jean Guihen Queyras 1967年、カナダのモントリオールに生まれる ケラスを知ったきっかけが何だったか思い出せないが、最初の頃に聴いたCDの1つが、フランスのレーベル、ハルモニアムンディの「啓蒙主義の時代」CD29枚組に入っていたマティアス・ゲオルク・…

我が偏愛の・・・1

そんなタイトルで始まる本がある。(「我が偏愛のピアニスト」青柳いずみこ著) クラシック音楽を聴き始めたころ、わたしはイイ子ぶっていた。特定の誰かを贔屓しないように心掛けた。音楽を仕事にしている人はみんな同じように素晴らしい。 ところが、一旦…

秘密のヴァイオリン特訓 2017 ー 超初心者レッスン8回の成果を報告

2017年8月、スズキ宅に新しいオモチャが届いた! 来た。来た。へっへっへ。ようこそスズキの館へ。 ハーツリッヒ ヴィルコメン!(ドイツ語) アナタ、キレイだねぇ。 お値段13,500円。肩当ても購入。 ふふん。ヴァイオリンを入手しただけではない。 8月終わ…

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2018. All rights reserved.