我が偏愛の・・・演奏家

音楽好きのスズキが贔屓する演奏家を紹介するシリーズ
初めての方は「我が偏愛の・・・1」から読んでみてね。

ピアニストのニコラ・アンゲリッシュは、ここ数年ずっと気になるピアニストだった・・・

まだニコラさんの話をしていなかった。 最初にニコラさんを知ったのは7~8年前だったと思う。カピュソン兄弟たちが録音したブラームスのピアノ四重奏曲でピアノを弾いていた。録音の様子がYouTubeにある。そのとき、「ニコラ・アンゲリッシュ」(フランス人…

カウンターテノール歌手こそクラシック音楽界の救世主だ! 彼らの強烈な魅力を解剖

カウンターテノール歌手は、女性のように高い声で歌う男性歌手のこと。 まずは、論より証拠。ズラリとYouTube動画を並べてみた。さあ!遠慮なく彼らの魅力を体験していただこう! 記事の途中ですが、後日談もどうぞ www.music-szk.com ヤクブ・ヨゼフ・オル…

あの人は今・・・元エベーヌ弦楽四重奏団のヴィオラ奏者 マテュー・ヘルツォーク

その後、消息がわからなくなってしまった人を探す、あの人気番組ですよ・・・ スズキ(依頼者)「あのね、好きな人がいたんです。この動画でヴィオラを弾いてる人です。右から2番目の人です。」 Quatuor Ebène : Bela Bartok String quartet Nr. 4 C-major S…

吹奏楽部でクラリネットを吹いているアナタへ・・・スズキ先輩オススメの最高にカッコ良いクラリネット奏者たち

良い子の皆さん、こんにちは! 元クラリネット吹きの吹奏楽部員、スズキおばさんお姉さんですよ! あ・・・ ゴメンナサイ。スズキちょっと嘘つきました。 3ヶ月で吹奏楽部をやめたので「元部員」を名乗る資格ないです。クラリネット演奏歴2ヶ月でした。「元…

我が偏愛の・・・4

生演奏こそ音楽の醍醐味だと思うスズキにしては珍しく、今は亡き往年の演奏家について取り上げる。 クラシック音楽ファンの中には「昔のスターは凄かった」「それと比べて最近の演奏家は・・・」と嘆く人も多い。そんな人は、おそらくコンサートには滅多に足…

我が偏愛の・・・3

シリーズ第3回 今回は詳細ページは無し。この3人を組み合わせた意味は特に無いけど、ついでにお目当ての人以外のところも読んでもらえると良いなと思う。 ピアニスト ピョートル・アンデルシェフスキ(1969- ポーランド) カウンターテノール フィリップ・ジ…

エキセントリックで魅力的なクラシック音楽界の男たち 3選

ネマニャ・ラドゥロヴィッチ Nemanja Radulovic 1985年 旧ユーゴスラヴィア生まれ Khachaturian: Violin Concerto - Nemanja Radulović - Live Concert HD 2008年、クラシック音楽初心者だったわたしは、東京国際フォーラムでゴールデンウィークに開催されて…

君はスパレンマンを知っているか?! ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラという楽器について

最近、オランダ・バッハ協会 Netherlands Bach Society のYouTubeチャンネルをチャンネル登録した。「協会」という名前だが、1921年に設立されたオランダで一番古い古楽の演奏団体である。今年2018年6月からヴァイオリニストの佐藤俊介さんが音楽監督。 今日…

オペラ歌手(テノール) ロランド・ヴィラゾン

Rolando Villazón 1972年、メキシコシティ郊外に生まれる わたしにとっては珍しいチョイスだと思うのだが、読者も驚いてくれただろうか。今年前半、落ち込んでいたときに、笑わせてもらった人でもある。1度も生演奏は聴いたことないし、持っているのはDVD1つ…

ピアニスト エリソ・ヴィルサラーゼ

Elisso Wirssaladze / Eliso Virsaladze 1942年、ジョージア(グルジア)のトビリシに生まれる Roque d'Antheron 2004 - Virsaladze 2004年ラ・ロックダンテロンでの演奏。ルネ・マルタン氏がプロデュースする南仏のピアノ音楽祭にヴィルサラーゼさんも出て…

ピアニスト アレクサンドル・メルニコフ

Alexander Melnikov 1973年、ロシアのモスクワに生まれる ショスタコーヴィチは、バッハコンクールでのロシアのピアニスト、タチアナ・ニコラーエワの演奏に感動して、バッハの平均律クラヴィーアに倣い、24の前奏曲とフーガを作曲した。バッハと同じように…

ピアニスト ルイス・フェルナンド・ペレス

Luis Fernando Pérez 1977年、スペインのマドリードに生まれる 長身、銀髪、眼鏡・・・それと、蝶ネクタイ。 「いや、蝶ネクタイはクラシック音楽では普通でしょ」と、あまりコンサートに行かない人は思うかもしれない。いや、きちんと蝶ネクタイまで付けて…

ピアニスト アレクサンドル・タロー

Alexandre Tharaud 1968年、パリに生まれる フランスの作曲家ダリウス・ミヨーのバレエ音楽「屋根の上の牛」という作品がある。アレクサンドル・タローのCDのタイトルにこの作品名が採用されている。なぜなら、それは1920年代パリで人気だったキャバレーの店…

我が偏愛の・・・ 2

シリーズ名から「天才たち」を外した。 「偏愛の」という部分の方が大事なのだ。ここで紹介する演奏家たちは、わたしが語りたくなるエピソードが沢山ある演奏家たち。どんなに天才であっても、その演奏が好きであっても、極めて個人的な「偏愛」ストーリーが…

ヴィオラ奏者 ニルス・メンケマイヤー あえてヴィオラ独奏というキャリアを選んだ人はカッコイイ

Nils Mönkemeyer 1978年、ドイツのブレーメンに生まれる 北ドイツ放送 (NDR) のラジオ番組 Klassik à la carte を、ドイツ語を勉強しているクラシック音楽ファンに薦めたい。ポドキャストで聴ける。 www.ndr.de わたしはまだ十分にドイツ語を理解できていな…

チェロ奏者 ジャン=ギアン・ケラス

Jean Guihen Queyras 1967年、カナダのモントリオールに生まれる ケラスを知ったきっかけが何だったか思い出せないが、最初の頃に聴いたCDの1つが、フランスのレーベル、ハルモニアムンディの「啓蒙主義の時代」CD29枚組に入っていたマティアス・ゲオルク・…

ピアニスト ヘルベルト・シュフ

Herbert Schuch 1979年、ルーマニアのティミショアラに生まれる 最初に断っておくが、かなり脱線する。音楽から遠ざかってしまっても、この分野に興味関心をお持ちの方であれば楽しんでもらえると思う。 わたしの旧ブログを読んだライターの方に「スズキさん…

ピアニスト エリック・ル・サージュ

Éric Le Sage 1964年、南フランスのエクス=アン=プロヴァンスに生まれる 旧ブログで書いたシューマンCDに関する記事には少々反響があった。ページへのアクセスも多く、ツイートしてくださった人もいた。 ○○全集というCDを制作する演奏家は多いが、シューマ…

ピアニスト フランク・ブラレイ わたしの好きなピアニスト第1号

Frank Braley 1968年、パリ郊外コルベイユ=エソンヌに生まれる 2008年に見たコンサートチラシをまだ覚えている。オレンジ色のシャツを着たボリュームある長い髪の男。そのときは興味なかった。今でも、そんなチラシを見ても知らないピアニストなら興味を持…

我が偏愛の・・・1

そんなタイトルで始まる本がある。(「我が偏愛のピアニスト」青柳いずみこ著) クラシック音楽を聴き始めたころ、わたしはイイ子ぶっていた。特定の誰かを贔屓しないように心掛けた。音楽を仕事にしている人はみんな同じように素晴らしい。 ところが、一旦…

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2019. All rights reserved.