雑記

スズキYouTubeからレア曲をピックアップ

YouTubeアカウントを作成したのは2010年7月だったらしい。 ピアノ再開を目指してピアノ可マンションに引っ越したのが同年4月で、購入したアップライトピアノが届いたのが10月始めだったと記憶している。引越とピアノ購入の間にスズキYouTubeは誕生した。 あ…

吹奏楽部でクラリネットを吹いているアナタへ・・・スズキ先輩オススメの最高にカッコ良いクラリネット奏者たち

良い子の皆さん、こんにちは! 元クラリネット吹きの吹奏楽部員、スズキおばさんお姉さんですよ! あ・・・ ゴメンナサイ。スズキちょっと嘘つきました。 3ヶ月で吹奏楽部をやめたので「元部員」を名乗る資格ないです。クラリネット演奏歴2ヶ月でした。「元…

シューベルト歌曲集「冬の旅」全曲ピアノ演奏プロジェクト1

イッヒ・リーベ・シューベルト! シューベルトさん、アナタはスズキのオトモダチ! 通りすがりの皆さん、読者の皆さん、シューベルトはお好き? シューベルトのピアノ独奏曲はプロ・アマ問わずピアノ弾き達にそこそこ人気がある。後期ソナタや即興曲は定番曲…

好奇心旺盛な人間はアルゴリズムが嫌い・・・

アルゴリズムって何? 「アルゴリズム」の解説を読んだが、わたしにはよく分からない。ITの専門家ではないので仕方ない。以下は素人の感覚であり、素人の意見である。真に受けてはいけない。 わたしが、今ここで取り上げたい「アルゴリズム」は、FacebookやT…

東京で完売のファウスト&メルニコフを群馬県で聴く予定・・・高崎芸術劇場のポテンシャル

首都圏クラオタの週末の様子を教えてあげよう。 日時:土曜または日曜の朝10時 イベント名:チケ鳥(=チケット争奪戦) 5分前にパソコンの前にスタンバイ。 サン、ニ、イチ、ゼロ・・・ゼロの寸前に願いを込めてクリックする。 エイ!!! 「ただいまアクセ…

古楽ニュース 2019年6月

アナタは遺跡発掘調査を追ったドキュメンタリー番組を観たことあるだろうか?わずかな手がかりをヒントに古代の謎を解いていく。アレとコレを組み合わせて新たな説を組み立てる。そんな謎解きミステリー。 ドキドキ・ワクワクのミステリーなのだが「正解」が…

感想コメントなど プーランク作曲オペラ「カルメル会修道女の対話」 METライブビューイング

感想は書かないつもりだったが、どうしてもこれだけは書き留めておきたい。 正確な言葉は少し違うかもしれないが、案内役のオペラ歌手ルネ・フレミングが冒頭で「勇敢な女性たちの物語」と作品を紹介していた。 わたしの感覚では「勇敢」という表現は違うと…

予習完了 プーランク作曲オペラ「カルメル会修道女の対話」 METライブビューイング

明日2019年6月7日(金)から13日(木)まで、全国の松竹系映画館でプーランク作曲のオペラ「カルメル会修道女の対話」が上演される。ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で5月に上演された作品の録画を日本語字幕付きで映画館で楽しめる。 映画館と上演時間…

インスタ・バロッカ もしバロック時代にインスタグラムがあったら・・・フルート界の大スター クヴァンツ氏の場合

スズキ、お友達になりたい人を見つけたのです。 フルート奏者のヨハン・ヨアヒム・クヴァンツさんです。 彼は1697年ドイツ生まれで、ドレスデンで音楽活動をしていたけど、それからフランス、イタリア、チェコ、イギリスなど、各地で演奏や勉強をしながら、…

クラシック音楽コンサート 一緒に行く人がいないなら1人で行こう!

「コンサートに行きたいけど、一緒に行く人がいないから」という発言に驚いたことが何度もある。 なぜなら、わたしにとって、コンサートは基本的に1人で行くところだ。 (似たような例だが「旅行に行きたいけど一緒に行ってくれる人が見つからない」という…

今からでも間に合う!クラシック音楽三昧の10連休

国内でクラシック音楽コンサート鑑賞 夏のヨーロッパ音楽旅を計画(あるいは旅は不可能だから妄想だけ) 自宅にこもってネットで無料音楽鑑賞 国内でクラシック音楽コンサート鑑賞 2019年4月27日(土) 28日(日) 近江の春 びわ湖クラシック音楽祭 びわ湖ホ…

クラシック音楽の世界に来てはいけません!キケンですよ!(にやり)

最初に書いた、皆さんをクラシック音楽の世界に誘導するための記事 ↓ の逆バージョンです。 www.music-szk.com クラシック音楽にのめり込むと、以下のような状況に陥る可能性があります。ただし、すべての人に当てはまるわけではありません。個人差がありま…

ゾクゾクする崇高な響きがたまらない バッハ「モテット」CD

お気に入りのCDを紹介しようと思っていろいろ調べていたら、日本語解説を付けてCDを輸入販売していた株式会社マーキュリーがどうやら消えてしまったらしい?ということを知った。 ショックだ・・・ 同社主催のサロン的なトークコンサートにも行ったことある…

パーセル作曲 オペラ「ディドとエネアス」(ゆる~い解説)

パーセルって誰? イギリスの作曲家ヘンリー・パーセル(1659年~1695年)はバロック時代に活躍しましたが、実はわたしは彼の作品はまだあまり聴いたことがありません。 2016年のクリスマスにドイツのライプツィヒで1曲だけ聴きました。弦楽四重奏による演奏…

東京のクラシック音楽コンサートは19時スタートで良いのか?

ああ、禁断症状が・・・ そろそろ再びヨーロッパ旅をしたい(切実) 脱ニッポン・・・ (スズキ、心の叫び) ところで皆さん、海外旅行先でクラシック音楽を鑑賞すると、あることに気付きます。 夜のコンサート開始時間が東京とは違うのです。ヨーロッパのコ…

エキセントリックで魅力的なクラシック音楽界の男たち 3選

ネマニャ・ラドゥロヴィッチ Nemanja Radulovic 1985年 旧ユーゴスラヴィア生まれ Khachaturian: Violin Concerto - Nemanja Radulović - Live Concert HD 2008年、クラシック音楽初心者だったわたしは、東京国際フォーラムでゴールデンウィークに開催されて…

ピアニストや歌手によるレッスンを見学!公開マスタークラスの楽しみ

クラシック音楽はむずかしいですか? むずかしいから敬遠されていると思っている人々も多いことでしょう。そう思っている音楽家や音楽関係者は、とにかく「かんたんで楽しいからコンサートに来てください!」とアピールするのです。 でもね、スズキは思うの…

LFJ公開マスタークラス ピアノ 講師エマニュエル・シュトロッセ(2014年5月の旧スズキブログより)

(これは閉鎖した旧スズキブログに掲載していた記事の抜粋です。) 2014年5月 ■マスタークラス講師:エマニュエル・シュトロッセ(ピアノ)曲:ラヴェル「鏡」より「道化師の朝の歌」 シュトロッセ先生のマスタークラスを見学するのは2回目です。相変わらず…

LFJ公開マスタークラス ピアノ 講師ルイス・フェルナンド・ペレス(2013年5月の旧スズキブログより)

(これは閉鎖した旧スズキブログに掲載していた記事の抜粋です。) 2013年5月 マスタークラス 講師:ルイス・フェルナンド・ペレス(ピアノ) 曲目:グラナドス「ゴイェスカス」嘆き、またはマハとナイチンゲール ちょうどこの直前にペレスさんのグラナドスC…

LFJ公開マスタークラス ピアノ 講師フランク・ブラレイ(2016年5月の旧スズキブログより)

(これは閉鎖した旧スズキブログに掲載していた記事の抜粋です。) 2016年5月 G402 講師:フランク・ブラレイ(ピアノ) 素人スズキによる理解をベースに書いてますから、間違いも多いと思います。参考にしてはいけませんよ!! 世の中には先生に向いている…

公開マスタークラス 歌曲の名伴奏者ヴォルフラム・リーガー先生へ(2013年11月の旧スズキブログより)

(これは閉鎖した旧スズキブログに掲載していた記事です。) 2013年11月 歌曲の名伴奏者ヴォルフラム・リーガー先生へ 初めまして。音楽好きのスズキと申します。クラシック音楽鑑賞歴もうすぐ6年です。今夏にシューベルティアーデに行ってからドイツ歌曲に…

来日情報 ヴァイオリニスト佐藤俊介&オランダ・バッハ協会 2019年9月~10月

数日前、スズキはこんな動画を楽しんでいた。 Bach, Vivaldi, Scarlatti - Concerto Köln - Full Concert 2018 古楽アンサンブルのコンチェルト・ケルンのコンサートなのだが、おや? そこにいらっしゃるのはオランダ・バッハ協会の佐藤俊介さんではないか!…

変わり者のための交響曲入門ガイド

たぶん、スタンダードな入門ガイドとは違うことを書いているので、普通の情報を求めている人には向かない記事でしょう。この記事に限らず、スズキブログの記事は少々視点がおかしいので、気をつけましょうね。 まずは論より証拠。スズキの好きな交響曲を2曲…

究極の癒しのYouTube動画が、伝説のアレだった件

また、お絵かきしました。 クラシック音楽は、わたしの世界を広げてくれます。 わたしにとって、音楽は知の世界への入り口なのです。 でもね、知的好奇心を抱く前には、まず、必ず音楽に感動しているのです。 素直に音楽に身を委ねる瞬間は幸せな時間です。 …

スズキをオペラの世界に誘導したのは何だったのか

(↓こちらの記事の続き)www.music-szk.com それは怪しげなメッセージから始まった。 旧ブログにはアカウントを持っている人同士が直接メッセージをやりとりできる機能があったが、読者以外の人からメッセージをもらうことはほとんどない。あるとしても、ア…

オペラ初鑑賞の思い出 スズキ20歳イギリス時代

20歳のスズキはイギリス南部のとある町で勉強していた。 (寮の部屋からの眺め) 例の三流大学の全員が参加する「留学」だったが、わたしはあれを「留学」とは認めていない。一緒に勉強する学生は同じ大学から来た日本人たちだけなので、長期の修学旅行のよ…

あのとき、クラオタと出会いたかった・・・スズキの中学時代

タンホイザー スズキは今月鑑賞予定の「タンホイザー」を予習している。 TANNHÄUSER de Richard Wagner (2007/08) これを聴くと中学時代を思い出す。毎年創立記念日に全校生徒600人で「タンホイザー」を歌った。三部合唱だった。1年生は全員アルト、2年生と3…

2019年はオペラデビューしよう!(初めて鑑賞する人のための安心ガイド)

(2019年6月30日更新) アナタの今年の目標は「オペラデビュー」です。 デビューとは言ってもアナタが歌うのではありません。 (え?!歌いたい?!) お客さんとしてオペラ鑑賞をするのですよ。 ワクワクしますね。 どの作品がいいですか? 本格派コース (…

もっと効果的な演奏家プロフィールの書き方(スズキ案)

スズキはとにかく自分の知識を広げてくれる演奏家を求めている。 「お客さんは何にも知らなくていいんだよ!」 「リラックスして雰囲気だけ楽しんでください!」 という演奏家には、申し訳ないけど興味を持てない。 (でも、そういう演奏家を求めている人も…

クラシック音楽に深く関わるビジネス経営者たち

毎年、桜の季節に開催される東京・春・音楽祭のプログラムが11月に発表されました。一般販売も既に開始しています。わたしもお目当てのチケットだけは発売と同時に確保済みです。 www.tokyo-harusai.com 春休みや花見客で激混みの上野が開催エリアなので、ホ…

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2019. All rights reserved.