ヨーロッパ音楽旅 6 ライプツィヒ&ドレスデン 2016 | 7 アムステルダム 2017 | 8 ミラノ&ヴェネツィア 2017

日本生まれ、ほぼ日本育ちなのに、日本社会が生理的に合わない。

ついに、壊れてしまった。

現実から逃げるように短期間で頻繁に旅した。

ついに、旧ブログで旅レポートを書くことも止めた。

アマゾンの電子書籍キンドル本を出版することにした。

キンドル作家スズキの誕生。

  

ドイツ(ライプツィヒ&ドレスデン)

目的
バッハ様に会いに行く。

時期
2016年12月

 

スズキの欧州音楽旅 第1巻 ライプツィヒ&ドレスデン(キンドル本)
(表紙をクリックするとアマゾンに飛ぶ)

 

各地で職を転々としながら、最終的にヨハン・ゼバスティアン・バッハはライプツィヒのトーマス教会で音楽監督・指導者に就任。ドイツらしい勤勉なバッハに親近感を持つ日本人も多いのかもしれないが、それはどうだか。バッハは自分の能力を発揮し目的を果たせる職場を目指して転職を繰り返した。いまだに終身雇用を良しとする平均的な日本人とは違うメンタリティーの人である。

 

ドイツのクリスマスマーケットを楽しみつつ、バッハが活躍した教会でバッハ作曲のクリスマスオラトリオを聴くという目的の旅だった。ついでにライプツィヒ歌劇場やドレスデンの歌劇場ゼンパーオーパーでもオペラを鑑賞し、さらにバスタイという山を登った。

f:id:music-szk:20180802214119j:plain

 800年の歴史を誇る少年合唱団もクリスマスにトーマス教会で歌う。クリスマスのライプツィヒ。ぐすん。いい動画だ。また行きたくなる。

 

 

オランダ(アムステルダム)

目的
特になし。衝動的に。

とにかく一旦逃げないと死にそうだった。

 時期
2017年4月

 

スズキの欧州音楽旅 第2巻 アムステルダム(キンドル本)
(表紙をクリックするとアマゾンに飛ぶ)

 

一時的な気分転換は何の役にも立たないのだが、旅としてはそれなりに良かった。

f:id:music-szk:20180802214905j:plain

 この旅で鑑賞した珍しい作品について

 

www.music-szk.com

 

 

イタリア(ミラノ&ヴェネツィア)

目的
失業覚悟で退職を決意。「5年間お疲れ様、自分」旅を計画。スペシャルな旅とするため、初訪問国イタリアを目指した。

時期
2017年12月

 

スズキの欧州音楽旅 第3巻 ミラノ&ヴェネツィア(キンドル本)
(表紙をクリックするとアマゾンに飛ぶ)

ミラノのスカラ座はもちろん、ヴァイオリンの町クレモナ、野外オペラのヴェローナも散策し、ヴェネツィアのフェニーチェ劇場まで訪問。イタリアが意外と心地良い。何年も旅を躊躇していたのは何故だろう。

 

f:id:music-szk:20180802215011j:plain

 

 

 

旅行は好きですか?

 

実はわたしは、一般的な旅行好きの人とはあまり話が合いません。

 

ふつうの人は、気分転換や思い出作りのために旅行をする。でも、わたしの旅の目的は違う。わたしにとって旅行は「知」の入り口。そこから世界が広がっていくからこそ、高いお金を払ってでも旅したいと思う。

 

----------------------------------------

 

 

www.music-szk.com

 

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2018. All rights reserved.