2019年4月14日 シェーンベルク「グレの歌」

忙しいので感想は書きませんと宣言したのだが、おもしろかったので少しだけ・・・

東京・春・音楽祭

2019年4月14日

東京文化会館大ホール

指揮:大野和士
ヴァルデマール王:クリスティアン・フォイクト
トーヴェ:エレーナ・パンクラトヴァ
農夫:甲斐栄次郎
山鳩:藤村実穂子
道化師クラウス:アレクサンドル・クラヴェッツ
語り手:フランツ・グルントヘーバー
管弦楽:東京都交響楽団
合唱:東京オペラシンガーズ
合唱指揮:マティアス・ブラウアー
合唱指揮:宮松重紀

  • 偶然、隣の席に知り合いが・・・
    なぜスゴイかって、そもそも人付き合いの悪いスズキは知り合いが少ないので外出先で誰かとバッタリ会うということがほとんどない。音楽仲間も少ないので同じコンサートに偶然来ていたということも年に1回あるかないか。東京はホールも公演も沢山ある。そんな中で偶然お隣とは!お久しぶりです。お元気そうでなにより!
  • 演奏会形式なのに、思いっきり演技している人が約1名
    わざわざ「演奏会形式」というのも変なのだ。この作品はオペラではないので当然「演奏会形式」で演奏される。つまり、舞台に乗っているのは舞台セットではなくオーケストラで、歌手たちは役柄に合わせた衣装ではなく、コンサート用の衣装で歌う。歌の流れで手振り身振りが入ることはあるが、基本的に演技はない。。
    そんな中、ひょっこり舞台袖から姿を現した瞬間からアヤしい動きをする歌手がいた。道化師クラウスさんだ。赤ら顔で舞台の様子をチェックして、まずは酒を一杯(←酒を呑むしぐさをする)。フラフラしながら弦楽奏者の間を歩いて指揮者の横でスタンバイ。そしてもう1杯呑む(笑) お顔が赤いように見えるのだが、まさか本当に呑んでいるわけではない・・・よね? それからペラペラ楽譜を捲って、「ん?」と首をかしげて、もう一度パラパラ楽譜を捲る。だ、大丈夫か?クラウスさん、自分が歌うところ分かっているのかな?
    そして、ついに道化師のクラウスが歌う。腰をフリフリしながら。声がひっくり返りそうになりながらも、なんとかきちんと歌っている。しかし、ところどころ「アハハハハハ」と高笑い。
    わたし、「グレの歌」初生鑑賞だったのだけど、これって普通なのだろうか?いや、予習で聴いていたサイモン・ラトル指揮のCDでは高笑いなど無かったはず。
    酔いながら演技する人・・・ほとんどコメディアンではないか。どこかで見覚えあるぞ。は!そうだ!「こうもり」のフロッシュだ!
    「道化師クラウス」はドイツ語では「 Klaus-Narr クラウス・ナル」と表記する。Narrは「おバカ」という意味。道化師のクラウスさんは面白いのでスズキと気が合うかもしれない。お友達になれそうな気がする。Klaus-NarrとSuzuki-Narr!?
    むぅ!誰だ!スズキのことをおバカと言ったのは!?
    あ?自分か。
    演奏終了後、拍手に応えて出てきた歌手陣の中に見覚えの無い人がいた。誰かと思ったら、道化師のクラウス氏ではないか!!
    さっきは思いっきり首周りのボタン外してダラダラな格好で歌っていたのに、最後はきちっと蝶ネクタイまで付けて、まっすぐ歩いてきた。
    なかなか徹底しているではないか。
  • 都響は相変わらず上手い。それから、森鳩を歌う藤村美穂子さんに改めて惚れる。抜群に素晴らしい。王様は声が届かない。頑張っている風だったけど、無理して喉を痛めてなければいいのだが・・・
  • せっかく練習した語り手の部分、最初のところは猛スピードで聴き取れず。字幕も同じ勢いで進むのだけど、わたしが「蛍」と理解した部分の字幕は「竜」となっていたような?わたしの見間違いか? あの「聖ヨハネ」のところ。ドイツ語Wurmは英語Wormとほぼ同じなのだと思う。ミミズや青虫のようなにょろっとした虫を指す。にょろっとした生き物のデカイのが竜であるのは確かなのだが。。杖をついて出てきた語り手は、語るときは杖を置いてしっかり立ち、ところどころ歌うように語り、最後の「おきなさい!」のところは天を仰ぐように見上げて声を発した。
  • ところで、「ぷーるぷーるれーげん」の謎は解けません。本日の字幕では「緋の雨」となっていたと思う。ぷるぷるれ~げんの謎はますます深まる。

以上、本日のコンサート感想速報でした。

 

www.music-szk.com

 

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2019. All rights reserved.