Amazon電子書籍 チェコ音楽旅 販売開始のお知らせ | クラオタ的チェコ旅の作り方 ヒント集

2018年11月のヨーロッパ音楽一人旅が本になりました。アマゾンの電子書籍キンドル本として出版しました。スズキの欧州音楽旅シリーズ第4巻の旅先はチェコです。

f:id:music-szk:20190430083234j:plain

 

執筆に時間がかかってしまいました。多忙だったのです。でもそれだけではありません。書きたいことが沢山あったのです。シリーズ最大のボリュームの本になりました。それだけチェコという国が音楽旅人にとって魅力ある国であり、初めての訪問でいくつも発見があったということです。

旅や音楽の感想として一般の人々が求めるのは「キレイだった!」「楽しかった!」という一言だけなのでしょう。つまらない世の中です。旅行記66,000字におよぶ報告は、ふつうの人にとっては鬱陶しいのです。

義理で話を聞いてあげようという心優しい人間もいますが、義理で聞いてもらっても、こちらとしても面白くありません。「へー!」「そうなんだ!」「良かったね!」などのコメントは求めていません。66,000字におよぶ冒険を話した後の反応が、その程度だったら話し手は虚しいです。共感や相槌より、具体的なアイデアや好奇心を刺激する情報を共有していただきたいものです。

だから、面白いと思った旅の話は、周辺のふつうの人に報告するより、こんな話を面白いと思ってくれる遠くの他人に向けて書こうと思うのです。遠くの他人だからこそ、わたしは反応を期待しません。

義理でも何でもないのに、わざわざ購入してまで旅の詳細を知りたいと思う人がいるということが嬉しいです。好奇心旺盛なアナタの人生が、豊かな文化と芸術に溢れたものでありますように。

 

クラオタ的チェコ旅の作り方 ヒント集 

クラシック音楽ファンにチェコ旅をオススメする理由

チェコ作曲家のオペラ ほぼ常時上演している

ドヴォルザーク、スメタナ、ヤナーチェクなどのオペラを頻繁に上演しています。まずは歌劇場のスケジュールを確認しましょう。1週間の旅なら、どれか1つ、運がよければ2つぐらい鑑賞できます。チェコオペラが好きな人にとっては最高の旅先です。チェコオペラは他の国では滅多に鑑賞できませんから。

作曲家の記念館がある

プラハではドヴォルザーク博物館とスメタナ博物館に行きましょう。ブルノではヤナーチェク・メモリアルに行きましょう。一般の観光客にとっては面白くない内容かもしれませんが、クラシック音楽ファンとしては十分見応えのある展示でした。

比較的安い予算で旅ができる

オペラやコンサート4公演を鑑賞しました。合計で10,000円程度でした。安い席を狙えばもっと安く済むでしょう。

ホテルも1泊1万円程度で高級感のある部屋に宿泊できます。

観光客向けの飲食店や売店は値段設定が高い場合もありますが、地元の人々が利用する飲食店は安いです。スーパーで安いパンを買って食費を節約することも可能です。

コンサートや鉄道のチケットを簡単に手配できる

既にヨーロッパで音楽旅を経験している人なら、チェコでも同じ方法でスムーズに旅を手配できます。つまり、オンラインで音楽チケットを購入して、自宅でチケットを印刷できます。鉄道も同じようにオンラインで購入、自宅で印刷です。ホテルも豊富な選択肢から選べます。 

 

チェコ音楽旅の作り方

 

音楽鑑賞

まずはプログラムをチェックしましょう。

 

プラハ市内の歌劇場
Google Map (国民劇場)
Google Map (エステート劇場)
https://www.narodni-divadlo.cz/en/programme

 

ドヴォルザークホール&スクホール(プラハ)Google Map
https://www.rudolfinum.cz/en/concert-schedule/
どちらもRudolfinumという建物にあるホールです。ドヴォルザークホールはチェコフィルの本拠地です。

 

スメタナホール(プラハ)Google Map
http://www.obecnidum.cz/en/concerts/
スメタナホールはMunicipal House(市民会館)にある施設の1つです。

 

プラハの春音楽祭
https://festival.cz/en/program/
2019年は5月12日から6月4日までの開催です。

 

ブルノの歌劇場 Google Map
http://www.ndbrno.cz/programme
ブルノでは隔年でヤナーチェク音楽祭が開催されています。次回は2020年です。

 

訪問先リスト

 

スメタナ博物館(プラハ)
Google Map
https://www.prague.eu/en/object/places/722/national-museum-bedrich-smetana-museum

 

ドヴォルザーク博物館(プラハ)
Google Map
http://www.antonin-dvorak.cz/en/museums

 

スメタナとドヴォルザークのお墓(プラハ)
Google Map

 

ヤナーチェク・メモリアル(ブルノ)
Google Map
http://www.mzm.cz/en/leos-janacek-memorial/

 

ホテル

プラハに泊まるなら市の中心部が良いでしょう。各ホールや歌劇場は徒歩圏。市の中心部は徒歩で観光できます。ドヴォルザーク博物館と墓地に行くときは交通機関を利用した方が便利です。

プラハ 

Booking.com

 

ブルノは小さな町です。ヤナーチェク・メモリアルは中心部からやや外れに位置しています。歌劇場と市の中心部は、やや遠いですが、歩ける距離です。

ブルノ

Booking.com

 

旅の前に読む本

 

チェコの歴史を1冊である程度まで理解を深めたいなら、この本がオススメです。

黒いチェコ(増田 幸弘)
(画像をクリックしてAmazonへ)

同じ著者によるチェコ移住記も個人的に興味津々で読みました。いつかわたしも日本脱出したい。そして、もし著者に許可していただけるなら、同じタイトルの本を出版したい(笑)

棄国ノススメ(増田 幸弘)

(画像をクリックしてAmazonへ)

チェコを代表する作家カレル・チャペックの著作の中に、クラシック音楽ファンとして、とても気になるタイトルのものがあったので、これも旅行前に読みました。ぷぷぷ・・・おっと失礼。笑わせてもらいましたよ。

ある作曲家の生涯(カレル・チャペック)

(画像をクリックしてAmazonへ)

ヤナーチェクの作品を1つずつ丁寧に解説しているこの本は2016年に「イェヌーファ」を鑑賞したときにも読みました。

ヤナーチェク ー 人と作品(イーアン・ホースブルグ)

(画像をクリックしてAmazonへ)

 

プラハのバロック建築に関する本ですが、チェコの複雑な歴史の中の宗教関連の話を整理して解説しています。わたしの理解はまだまだ十分ではないものの、だいぶ理解が深まった感じがします。上の「黒いチェコ」よりさらに知識を深めたいなら、オススメしたい本です。

プラハのバロック ー 受難と復活のドラマ(石川 夫 )

(画像をクリックしてAmazonへ)

 

チェコ語

 

外国語はYouTubeで学ぶ時代になりました。こちらの30分動画でチェコ語の挨拶と100までの数字を勉強してから旅行に行きましょう。きっと役に立つでしょう。


Learn Czech in 30 Minutes - ALL the Basics You Need

 

その他

チェコの観光情報を紹介するYouTubeチャンネルHONEST GUIDE にもお世話になりました。

まずはプラハの空港からプラハ市の中心エリアへの行き方です。

ちなみにプラハの地下鉄はたったの3線。それぞれ緑と赤と黄色に色分けされています。シンプルなので迷いません。


How to get from Prague's airport to the city centre without being ripped off (Honest Guide)

 

テキトーに食事を済ませたいときに利用したセルフサービスのレストランのことも、この動画で知りました。動画の真ん中(50秒~)で紹介されているレストランです。


EAT CHEAP IN PRAGUE CITY CENTRE (Honest Guide)

 

そうか、YouTubeは情報を伝えるためのメディアだったのか。。。

日本ではユーチューバーと言えば、下品なテレビ番組のようにバカやっている人ばかりだから、テレビ嫌いのわたしは1度も見たことないし、まったく興味なかったのだけど、こうして人が必要としている情報をギュっと凝縮して短く簡潔に伝える動画が世界では人気なのですね。

チェコ旅前は、このチャンネルの動画をいくつも再生しました。動画作りの巧みさに驚きました。

動画か・・・何かわたしにも出来ることがあるのだろうか。

 

チェコ鉄道のサイト

https://www.cd.cz/en/

プラハからブルノは直通で2時間半ぐらいです。日本で予約してEチケットを印刷していくのが便利です。

 

 

おまけ

最後まで読んでくださった方にお知らせです。

ブルノで入手したヤナーチェクポストカード2枚をどなたかにお譲りしたいと思います。お互い個人情報を出さずに取引できる形でメルカリに出品する予定です。

「ヤナーチェク」で検索すれば表示されるでしょう。

今日か明日ぐらいには出品できると思います。

ヤナーチェクさんのファンの方に届くといいなぁ。

 

チェコ旅は素晴らしい旅だったと言えば、確かにそうなのですが、そうではない部分も少し紹介しましょう。

チェコは旅先としては良いのですが、わたしが移住したい国ではないと思いました。

また、有名な観光スポットは凄まじい人だかりなのに、それ以外の場所は極端に観光客も外国人もいない地元民オンリーの社会でした。過去のヨーロッパ旅の中で最も疎外感を感じた旅でした。(とは言っても、特に困ったことは、なかったのですけどね・・・)

こちらは帰国直後に書いた報告です。

www.music-szk.com

 

それでも、このブログや電子本で述べた通り、クラシック音楽ファンにオススメしたい旅先であることは間違いありません。わたしもまた行きたいと思っています。

アナタの次の旅先候補としていかがでしょうか?

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2019. All rights reserved.