クラオタの森で「第3回のど自慢大会」が開催されました

夏恒例の大会もついに第3回目の開催が実現しました!応援してくれる皆様のお陰です!ありがとうございます。

ファイナリストは5組。

優勝するのは誰?!

エントリー No. 1 ダムラウさん 「夜の女王のアリア」(作曲:モーツァルト「魔笛」より)

第1回、第2回の優勝者。

相変わらず歌唱力抜群!!!三連覇なるか?!

遠方からファンが大勢駆けつけています。


The Magic Flute – Queen of the Night aria (Mozart; Diana Damrau, The Royal Opera)

 

いやぁ、すごかったですね。あの伝説的な去年の歌いっぷりよりさらにパワーアップしています。会場の熱気と雄叫びもすさまじい限り。スズキなんか、背筋がゾクゾクするわ・・・ いやぁ、本当にキョーレツ。

 

エントリー No. 2 アイドルグループ WGN08さん 「ワルキューレの騎行」(作曲:ワーグナー「ワルキューレ」より)

ホヨトホー!!

女戦士ワルキューレたちを演じるのは、オーディションで選ばれたメンバーで構成するアイドルグループ WGN08(ダブリュージーエヌ・ゼロ・エイト)。じつはスズキもこっそり応募したけど、書類審査落ちでした。

彼女たちの「ワルキューレの騎行」は、すでにネットで大ブレイク。

小学校でも「ホヨトホー!!」と叫ぶのが流行って、一部の学校では禁止令が出たとか。


Metropolitan Opera Orchestra - Wagner - Ride of the Valkyries - Ring (Official Video)

 

エントリー No. 3 スティングさん 「Clear or Cloudy」 (作曲:ダウランド)

ついに話題の男が登場!

初参戦にして最大の優勝候補。

世界的ビッグミュージシャン、スティング! お忍びで参加。

曲はイギリスのバロック作曲家ジョン・ダウランド(1563年~1626年)の作品。共演は古楽器リュート奏者のカラマーゾフさん。


Clear Or Cloudy

バロックのメロディがまるでスティング自身のオリジナルソングのように聴こえます! 不思議なぐらい心地イイ!

 

エントリー No. 4 アカペラグループ テネブレさん 「ミゼレーレ」(作曲:アレグリ)

どうしても教会から演奏をお届けしたいというテネブレさんたちの強い希望を叶えるため、生中継で参加してもらうことにしました。

イタリアのバロック作曲家グレゴリオ・アレグリ(1582年~1652年)の作品。

いやあ!鳥肌!

見事すぎる歌声で、こちらも有力候補!?

あれれ?審査委員のモーツァルト氏の様子がおかしい!?

ん?楽譜を書いている?



Miserere mei, Deus - Allegri - Tenebrae

参考記事:究極の癒しのYouTube動画が、伝説のアレだった件 - 音楽好きのスズキ 第2楽章

 

エントリー No. 5 スズキさん 「ゼンタのバラード」(作曲:ワーグナー「さまよえるオランダ人」より)??

参考記事:ワーグナー作品で学ぶドイツ語講座 さまよえるオランダ人 - 音楽好きのスズキ 第2楽章

なんじゃこりゃあ!!!!

一体誰だ!

こんな選曲したのは!?

おかしいだろ!!

トリに相応しくないだろ!(笑)

スズキにも相応しくないだろ!(笑)

は!?さては誰かの陰謀?

あるいは、ひょっとしてスズキに「ゼンタのバラード」を歌って欲しい願望のある人がいる・・・?(←思い込み)

もしかして、アナタですか?


というか、超実力派の歌手の皆さんのパフォーマンスの後に、素人で音痴のスズキが歌うなんて、何それ・・・ おかしいから!!絶対まちがってるから!!

ありえない。。。

いやだな。もう、逃げたい(涙)

 



と思っていたら、目が覚めた。

 

ぜんぶでした。

なーんだ。そりゃそうだ。

あはは。

 

 

*以上は「夢」ではなく、スズキの妄想をベースにしたフィクションです。気にしないでください。

WGN08・・・つまり "ワーグナー Wagner 08" というアイドルグループは存在しません!オーディションもありません!

*まあ!この動画の音楽、ステキ! なんて思ってくれたなら、こっちにいらっしゃい!ようこそ!クラシック音楽の世界へ!

 

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2019. All rights reserved.