シューベルトさんへの手紙 冬の旅 1

 

シューベルトさんへ

 

お元気ですか

スズキのことなんかもう忘れてしまいましたか?

そうだったら悲しいな

実は報告があるの

これ見て!

f:id:music-szk:20190119210557j:plain

シューベルトさんの連作歌曲集「冬の旅」の楽譜よ

買っちゃった

「冬の旅」全24曲を弾くことにしたの

今年の目標なんだ

だから、久し振りにまたシューベルトさんに会える

楽しみにしているからね

待っていてね

一緒にコーヒー飲む?

ワインがいい?

シューベルトさんが決めていいからね

 

おぼえている?

何年か前にわたしが室内楽の楽譜を買ってしまったことを

一緒に演奏する仲間もいないのに室内楽のピアノパートを弾きたくて

 

今回も似たような状況なんだ

歌ってくれる仲間がいるわけではないのに歌曲の楽譜を買ったの

そして、ピアノのところを練習するの

 

わかってるよ

スズキ、変な子だもん

でも、シューベルトさんは喜んでくれるといいな

シューベルトさんの歌曲はピアノパートもドラマチックで素敵なんだもん

音楽を愛する人ならきっと誰でも弾きたくなってしまうわ

 

聞いたわよ

シューベルトさんが初めて「冬の旅」をお友だちみんなに披露したときのこと

あまりにも暗くて孤独な内容に、みんな絶句してたって

シューベルトさんはショックだったよね

とっても大事に心を込めて作曲したのに、そんな反応だったから

どうか気を落とさないでね

わたしはこの作品が好きだから


シューベルトさんが、詩人ヴィルヘルム・ミュラーによるこの詩集と出会って良かったと思う

同じ時代に生きて、同じくらい短い人生だったシューベルトさんとミュラーさん

2人は交流する機会は無かったって、ほんとう?

死後の世界で2人がお友だちになっているといいな

 

とても暗くて孤独なこの歌曲集は、暗くて孤独な人生を歩んでいる多くの現代人を癒してくれていると思うの

悲しい気分のときは、明るく元気な音楽を聴くより、悲しい曲を聴いたほうが良い

そんな説をどこかで読んだことがあるよ

音楽が自分の心に寄り添ってくれているように感じられるんだって

 

「冬の旅」は素敵

いきなり冷たく始まる第1曲がわたしたちの魂を捉えるの

Fremd bin ich eingezogen,

Fremd zieh' ich wieder aus.

余所者として一人でやって来て、また余所者として去っていくなんて、まるでわたしの人生みたいね

どこにも所属しない永遠のさすらい人


主人公の男は愛する人がいる家を真夜中に一人で出て

死を求めて孤独に旅をする

男と自分を重ねてみる人、結構いると思うわよ

最初のところ、少し弾けるようになったから聴いてくれるかな?


P1020264

わかってるわよ

もっと上手く弾けるように、スズキがんばるね


他にも好きな曲がたくさんあるのよ

たとえば第3曲「凍った涙」

低くて恐い声で「おい、なみだ」と呼びかけるところ

なんだか強そうな男に見えるわ

ちょっと偉そうにさえ感じる

でも、よくよく考えてみたら、孤独な男が呼びかけられる相手が「自分の涙」だけなんて、滑稽でちょっぴり笑える

悲しさと混じって泣き笑いしてしまうよね


第14曲も傑作よ

彼は頭に白いものを見つけて、白髪だと勘違いしてよろこぶの

自分はもう老人になったから死期が近いと思ってしまったのね

ところが、その白いものは雪だった!

白髪ではなく雪だったことに気付いて、死まであとどれくらい長い時間がかかるのだろうかと絶望する男の超ネガティブぶり!

自称ネガティブ女のスズキよりはるか上を行くわ

おっかしいの!

白髪なんて死の基準にはならないのに

スズキ家なんか白髪の家系だからみんな三十前後から白髪よ


男のネガティブぶりと言えば第15曲の「カラス」でも発揮されているね

オレが死んだら、オレの屍を食べる気だな・・・なんて、スズキより妄想が激しいから!

そうそう、「カラス」は前にちょっと弾いたことがある。

 

2016年3月


Die Krähe


あのときは著作権切れの楽譜をいくつかダウンロードして弾いていたのよ。

imslp.org


でも今回は全部弾くことにしたから楽譜を買ったの。

無料楽譜を1枚ずつ印刷して製本するの面倒だし。

前に弾いた曲と言えば、これもそうだわ。

これも抜粋だけど

 

2016年3月


Frühlingstraum

 

フルヴァージョンはこちら


U21-Livemusik - Prégardien singt aus der Winterreise: "Frühlingstraum"

 

春うらら、ルンルン楽しく始まるのに、途中で雄鶏がケタケタしく鳴くでしょ?

あそこで、わたし

とってもビビってしまうわ

それ、聖書の話よね

全然曲調ちがうけどバッハのマタイ受難曲のことをチラリと思う


ところで、わたしが一番得意な曲はどれだと思う?

これよ!これ!

 

2016年3月


Der Leiermann


第24曲、最後の曲よ

一人で死を求めて旅していた男は最後に奇妙な老人と出会うの

クルクル回すだけで音楽を奏でられる楽器を、やせこけた老人は必死に回している

それを見て孤独な旅男は何かに目覚めちゃったみたい

男は死を目指すことをやめて、生きて行くみたいなの

だけど、本当のところ、あれからどうなったのかしら?

この最後の曲、スズキはインドの蛇使いの笛をイメージするの

シューベルトさんはインドの蛇使いの笛を知らないかもしれないけど


スズキ、やっぱりディースカウさんが歌う「冬の旅」が1番好き

迫真の歌いっぷりにゾクゾクするから

 

 

前にちょっと遊びで弾いた曲も、新しく挑戦する曲も、練習がんばるね

24曲すべて弾けるようになったら、お祝いのパーティーをしようね

もちろんシューベルさんも一緒に

f:id:music-szk:20190119215943j:plain


 

ああ、それにしても

なんで相変わらずシューベルトさんは一言もしゃべってくれないのかな

いつもスズキ一人で喋りまくってバカみたい

泣けてくるよ

ぐすん

つぎに会うときは、あなたの声を聴きたいな

じゃあ、またね

 

あなたのお友だち 

スズキ

 

ーーーーーーーーーーーーー 

冬の旅 全曲


Franz Schubert's "Winterreise"


1曲ごとの演奏


"Schubert: Winterreise" Album Presentation (2014)

 

おお!ピアノがプレスラーさん!


Christoph Pregardien & Menahem Pressler - Schubert - Winterreise

 

 

 

CD

 

「冬の旅」詩(ドイツ語)と英語訳

hampsongfoundation.org

 

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2019. All rights reserved.