1ヶ月限定 ネットで無料鑑賞 英国ロイヤル・オペラ・ハウス モーツァルト「フィガロの結婚」2019年7月 スズキ的解説

スズキは知らなかった。

operavision.eu

世界各地の歌劇場で上演されたオペラ作品を、期間限定無料公開しているOperaVisionのことを。

珍しい場所の歌劇場だけでなく、イギリスのロイヤル・オペラ・ハウスのようなビッグネームまで・・・ 一体いつからこのプロジェクトはあったのだろう。ひょっとして日本ではほとんど知られていない?

さっそくだが、気になっていたロイヤル・オペラ・ハウスの「フィガロの結婚」を自宅のパソコンで楽しんだ。すごく楽しかったー!!

やっぱり、予習中のベートーヴェン唯一のオペラ「フィデリオ」よりモーツァルト「フィガロの結婚」の方が何倍も面白いぞ!!(ごめん、ルートヴィッヒ)


THE MARRIAGE OF FIGARO Mozart - Royal Opera House

イギリス時間 8月9日23:59(日本時間 8月10日7:59)まで視聴できます。

もともとライブストリーミングで公開されたものです。

32分52秒から上演が始まります。上演開始前と休憩時間は、インタビューやメイキング映像を楽しめます。(飛ばしてもOK)

全編の視聴期間は終了しました。

代わりに抜粋を載せます。


EXTRACT | THE MARRIAGE OF FIGARO ‘Susanna, or via, sortite’ Mozart - Royal Opera House


EXTRACT | THE MARRIAGE OF FIGARO ‘Non so piu cosa son, cosa faccio’ Mozart - Royal Opera House


字幕の出し方(YouTube画面右下)

f:id:music-szk:20190724193229j:plain

 

あらすじについては、ウィキペディアでも読んでください。

ja.wikipedia.org

 

騙したり、騙されたり、成功したり、失敗したり、微妙だったり。複数の登場人物が複数のイタズラを仕掛けているので、何が何だかわからない部分もありますが、それほど気にしなくてもOKです。そのうち分かってきます。

ここでスズキは、スズキが好きな部分だけ解説をします。たぶん、これだけで十分鑑賞を楽しめるでしょう。しかも、スズキ一番のお気に入りのシーンについては、パワポでお絵描きしてマンガ風にしました!

f:id:music-szk:20190724213229j:plain



「フィガロの結婚」

  • 序曲(最初の5分ぐらいの管弦楽演奏)
    オーケストラコンサートでもよく演奏される楽しい音楽。
    これを聴くと思い出す。初ウィーン初モーツァルトオペラだったのに、開始時間を間違えて1幕まるごと見逃した惨めなワタシのことを・・・
  • 結婚寸前の若い女に夢中の伯爵
    歌うのはサイモン・キンリーサイド。「ドン・カルロ」のポーサ役はカッコ良かったなぁ。でも、ここでは女たらしのチャラいおじさん役。それもよく似合っている!スザンナと一夜を共にしたくて、いろいろ企んでいる。
  • 少年ケルビーノは「いじられキャラ」で「愛されキャラ」
    歌うのは一般的には女性歌手なのだが、今回はカウンターテノール歌手(裏声で女声の音域を歌う男性歌手)が歌う。彼がまた面白いキャラクターなので、このページの最後で別途ご紹介したい。ケルビーノは伯爵のもとで働いている少年(小姓)。
  • 少年ケルビーノ、3度も女性の部屋で隠れる
    1度目はオペラには含まれていないが、バルバリーナの部屋。2度目はスザンナの部屋。そして3度目は伯爵夫人の部屋。伯爵にバレて大目玉だったり、ごまかしたり、女性たちに助けを求めたり?
  • スザンナの部屋に男が2人も隠れている
    スザンナと話していたケルビーノは突然伯爵が来たので驚いて椅子の陰に隠れる。伯爵がスザンナを口説こうとしているところに、今度は音楽教師バジリオが入ってきたので、伯爵は驚いて隠れる。こうして1部屋に、コソコソ、姿の見えない男が2人という滅多にない状況に。
  • 女の子みたいにカワイイ少年ケルビーノに、女の部屋に隠れていた罰として、伯爵は「連隊のポストに就け」と命令
    すぐ行けと言われたのだが、諸事情でケルビーノは留まった。
  • うれし恥ずかし・・・少年ケルビーノ、あこがれの大人の女性、伯爵夫人の前で自作の恋の歌を披露
    ええ!自信ないよぉ。あのう、でも、そんなに聴きたいなら・・・(照)ちょっと積極的なケルビーノだった。
  • かわいらしい少年ケルビーノに好かれて、やっぱりちょっと嬉しい伯爵夫人
    でも、彼女はやっぱり夫の愛を求めている。(ケルビーノ君、残念!)
  • 大人の女性2人が、部屋の中でこっそり少年に女装させる(こら!)
    伯爵夫人とスザンナは伯爵夫人の部屋でケルビーノにスザンナの服を着せる。伯爵を騙す計画だ。スザンナだと思ったらケルビーノ!?という具合に。
    オペラの中でも「生着替え」シーンがあるのは、この作品ぐらいか?(笑) 少年ケルビーノの腕はスザンナの腕より白いらしい。
  • 伯爵が伯爵夫人の部屋のクローゼットをこじ開けるために「斧」を持ってくる
    急に伯爵が来たので、ケルビーノはクローゼットに隠れた。伯爵が斧を取りに行っている間に、男ケルビーノ、窓から庭に決死のダイブ!(植木鉢が破壊されて、庭師が激怒)
    それにしても、自分はスザンナと一夜をと企んでいるクセに、夫人が男を匿っているに違いないと言って大激怒する伯爵。必死な形相で、大げさな武器を持ってくる。客はクスっと笑う。
    偉そうなときは偉そうなのに、どうやら自分の勘違いだったと悟ると、こんどは平謝りする伯爵。彼は偉そうな小心者だ。態度がコロコロ変わるところも見所。
  • 老女マルツェリーナ、もうすぐスザンナと結婚するはずのフィガロに求婚
    以前、フィガロが借金を申し込んだときに、「返済しなかったらわたしと結婚する」という約束をしたらしい。フィガロ役はクリスティアン・ゲルハーヘル。ゲルハーヘルは、ドイツ歌曲の歌手というイメージなので、こうしてオペラ作品で、イタリア語で歌いながら、演技をする姿は、何だか新鮮に感じる。しかもイイ感じだ!

    ところで、オペラ初心者の皆さんは歌手の実年齢は無視してくださいね。フィガロを歌う歌手が50歳前後に見えても、物語上では結婚を控えた若い男という設定です。大丈夫よ。慣れればそう見えますから。

    そして、ここでもう1つのドラマが!
    スズキ手作りのパワポマンガでお楽しみください。

F フィガロ・・・もうすぐスザンナと結婚
S スザンナ・・・もうすぐフィガロと結婚
M マルツェリーナ・・・フィガロと結婚したい老女
B バルトロ・・・マルツェリーナに協力する医師(伯爵と伯爵夫人の恋のキューピッドだったフィガロに復讐してやるぜ!わしは伯爵夫人と結婚したかった。フィガロがマルツェリーナと結婚して、伯爵がスザンナを愛せば、伯爵夫人は悲しむだろう。ひょっとしたらオレにチャンスが・・・ )

f:id:music-szk:20190724205324j:plain

 ------------------------------------

f:id:music-szk:20190724205348j:plain

 -----------------

f:id:music-szk:20190724205422j:plain

 -----------------

f:id:music-szk:20190724205456j:plain

------------------

f:id:music-szk:20190724205522j:plain

---------------------

f:id:music-szk:20190724205549j:plain

------------------

f:id:music-szk:20190724205620j:plain

-------------------------

f:id:music-szk:20190724205646j:plain
(まだオペラは続く!)

この「ドラマ」は本筋とは少々ずれているので、無くてもストーリーは成立するのだろう。でも、ここが一番おもしろい!今回の上演でも、腹がよじれて苦しいぐらい笑った!

  • 少年ケルビーノ、再び女たちに女装させられる
    今度は庭師の娘バルバリーナちゃんにやられてしまった。どうやらケルビーノは、そのへんの女の子たちよりカワイイらしい。
  • ちゃっかり者のバルバリーナちゃん、伯爵に「ケルビーノと結婚したい」と許可を求める
    伯爵さま、あたしにキスするとき、好きなもの何でもくれるって言ったでしょ?!あたし、ケルビーノが欲しい! (伯爵はバルバリーナまで狙っていたのね。)
  • 暗い庭でスザンナのふりした伯爵夫人に気付かず、スザンナだと思って口説く伯爵
    もちろん伯爵夫人とスザンナが企てた罠。
    一方で、伯爵夫人の格好をしたスザンナを声で見破ったフィガロは、気付かないふりして「伯爵夫人」を口説く。スザンナが怒って泣いちゃったので、ゴメン、ゴメン、わざとだよ、もうとっくに君に気付いていたよと謝る。
    そこにスザンナを探す伯爵が。
    スザンナとフィガロはもう一演技することにした。伯爵の前で、フィガロが「伯爵夫人(に変装したスザンナ)」を口説く。
  • 自分のことは棚に上げて、フィガロと「伯爵夫人(に変装したスザンナ)」に激怒する伯爵。
    みんな「許して!」「許して!」と大合唱する中、伯爵は「許さん!」「許さん!」と叫ぶ。
  • 本物の伯爵夫人が現れてビックリ仰天する伯爵。夫人が「許してくださいね!」と言うと、状況を理解した伯爵は一瞬で「ごめんなさい!」と。
    偉そうなときは偉そうなのに、一瞬でシュンとなる伯爵。(良く言えば「素直?」)

 

最後になりましたが、もしよろしければ、ぜひ少年ケルビーノを歌ったカウンターテノール歌手のカンミン・ジャスティン・キムのインタビューをご覧いただきたい!

彼の憧れは名メゾ・ソプラノ歌手チェチーリア・バルトリ。ついにチェチーリアの真似で「 "キム" チーリア」が誕生した!


#Pride - How drag and opera have influenced Kangmin Justin Kim's performance

 

YouTubeチャンネル登録

www.youtube.com

「フィガロの結婚」の動画はロイヤル・オペラ・ハウスのチャンネルにもあります。

www.youtube.com

 

www.music-szk.com

www.music-szk.com

 

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2019. All rights reserved.