ブラックスズキ参上 2020年夏は東京オリンピックなど無視してヨーロッパで音楽祭を楽しもう!

(良い子は読んではいけません)

f:id:music-szk:20190620193303j:plain

ネガティブ発言が得意なスズキのことを「ブラックスズキ」と呼んだ人がいた。

ブラックスズキは自分が生まれ育った日本が大嫌いだ。その理由は1つではない。書き綴ると長編小説になってしまうので遠慮しておく。とにかく嫌いだ。

社会の恩恵など受けたことない。過去も現在も未来も絶望しかない。ロスジェネ氷河期おばさんスズキが日本など好きなはずない。自力自腹で磨いたスキルを提供して微々たる小銭稼ぎをやって暮らしてきた。まともな仕事に恵まれたことなどない。親のスネかじって大学に通って就職後は会社に育ててもらったアナタたちよりは何倍も苦労してきた。でも、この先もう真っ暗だから早くスズキの人生終わってほしい。

わたしにそんなこと言わせる国が良い国なはずない。

怒るなスズキ。国には期待もしていないし、信頼もしていない。わたしが目指すべき態度は、ひたすら日本に無関心であることを貫くこと。大イベントなど無視してやれ。わたしには関係ない。

それにしても、猛暑の東京で、みんなでお祭り騒ぎなんてバカげている。アスリートも観客も熱中症で倒れてしまう。ただでさえ人混み激しい東京にこれ以上人間が集まるのも恐ろしい。

だから、今年はともかく、来年2020年こそヨーロッパに脱出して音楽祭を楽しむべきだ。できることならオリンピック開催期間まるごとヨーロッパに滞在して、大嫌いな日本のことなどスッカリキレイに忘れてしまおう。すばらしいアイデアだ!!

え?興味ある?

さあ、皆さんも計画を進めよう!

旅先候補地は前回の記事を参考にしよう。

www.music-szk.com

 

 

2020年夏をヨーロッパで楽しむためのヒント

旅資金を確保しよう

・副業アルバイトで週末稼ぐ

今日から始めよう。来年の夏まで1年ある。毎週1万円、1ヶ月で4万円、1年で48万円。これだけあればヨーロッパで2週間ぐらい過ごせるだろう。贅沢三昧はできないが、それなりに音楽祭を楽しむことは可能なレベル。

・老後資金を取り崩す

貧乏実家の世話のために今後必要となる労力や費用のことを考えると、恐ろし過ぎて夜も眠れない。親の老後の前に自分の命がコロンと消えてしまうのがベストシナリオだ。わたしの命は残り5年ということにしよう。だとしたら、老後貯金などスズキには不要。使ってしまえ!(悪魔のささやき)

ただし、突然の事態(失業・病気など)に備えるための貯金に手を出してはいけない。それはまだキープしておこう。

夏休みを確保しよう

・来年の夏は「長期休暇」を取ると職場で宣言

1~2週間程度の休みを「長期休暇」と呼ぶのは日本ぐらいだろう。ああ、本当にイヤな国だ。そんな1~2週間の休みさえ取れない人もいる。ああ、本当にイヤな国だ。ニセ先進国ジパング。それでも、前もって宣言することで休みを確保できる可能性がある職場なら、そろそろ来年の予定を宣言してしまおう。

・旅に合わせて転職

休みが取れないなら、仕事を辞めてしまうしかない。帰国後に新しい仕事を開始できるように、ベストなタイミングで転職活動をしよう。スズキなど、どの職場でも使い捨て労働者。職を失うのは恐い。でも、まじめに働いても、どうせいずれ捨てられる。自分は常に余所者で部外者なのだ。自分が社会の一員なんて思ったこともない。日本などそんな国だ。そんな社会だ。仕事など思い切ってこちらから捨ててやれ!(悪魔のささやき)

妥協案を用意しよう

・2週間が無理なら1週間でも5日間でも

とにかく、実行することが大事だ。

・ヨーロッパが無理ならアジア、日本国内でも

東京の人間はとにかく東京から離れよう。テレビなど見ないで、インターネットやSNSも必要最低限の利用にとどめて、オリンピックの大騒ぎと距離をおいて、リフレッシュしよう。

 

 

実現したら、どうなるの・・・?

別に何も変わらない。相変わらず絶望の中で生きていくだけ。ただの自己満足。つまり、大嫌いな日本の大事なイベントを無視してやったという自己満足。憂さ晴らしだ。誰かに迷惑かけているわけではないのだから、まあ、いいではないか。他人から見れば、たまたまその時期に夏休みをとって、たまたまヨーロッパに旅行したというだけ。

 

できることなら東京オリンピックまでに日本を捨ててヨーロッパに移住したかったが、個人事業主として食べていけるだけの仕事を確保できそうにない。

この先、地獄が待っているなら、こうして一人で自由にコンサートや旅を楽しめる今のうちに人生が終わってしまえばいいのに。

ヨーロッパ旅行中に日本が海底に沈んでしまえばいいのに。難民申請してヨーロッパで生きていける可能性が出てくるから。

 

人生、自分の思うようにはならない。とほほ。

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2019. All rights reserved.