ワーグナー作品で学ぶドイツ語講座 さまよえるオランダ人

f:id:music-szk:20190120104430j:plain

ドイツ語学習者の皆さんへ!

もし、ここに挙げられたドイツ語の単語やフレーズにビビビと来たら、アナタはワーグナー作曲のオペラに向いているかもしれませんよ。こわくないから、こっちの世界においで!!

 

受講者の皆さんへ!

この講座を担当するスズキ先生です。

こわくないです。よろしくね。

この講座は真面目にコツコツ学習する講座ではありません。ワーグナーオペラ作品に出てくるドイツ語の単語やフレーズをスズキが適当に選んで適当にコメントするだけです。(え?そんなの「講座」ではない?)

スズキはワーグナーさんのことをヴァーグナーとドイツ語読みで呼びたいです。

ここから先はヴァーグナーさんと呼ぶことにします。

カタカナの発音は参考程度にして、正確な発音は他のサイトで確認しましょう。

Google翻訳にも音声ボタンがあります。スピーカーのマークをクリック。

f:id:music-szk:20190120114449j:plain

 

 

スズキブログ カテゴリー 音楽作品で学ぶドイツ語講座

 

今回の作品はさまよえるオランダ人です。

この作品は実はあなたの初ヴァーグナー鑑賞にオススメです。演奏時間は2時間を少し超えるぐらい。ヴァーグナー作品の中では短いです。

 

来月、初鑑賞する予定ですが、その頃はとても忙しくなっていると思います。なので感想は書きません。

人物相関図を作成したので参考にしていただければと思います。

f:id:music-szk:20190323181259j:plain

 

ではさっそく勉強を始めましょう。

一生懸命お勉強すれば、皆さんもスズキのようにゼンタのバラードが歌えるようになりますよ。ゼンタはこの物語のヒロインです。ゼンタのバラードは1番から3番まであります。がんばってくださいね。

???

 

ヨホー・・ホッホエーー

ホエー!ホエー!ホエーー!!

ヨホエー!!

作品内では時折、船乗りたちの掛け声が聴こえてきます。

 

Steuermann

ストイアーマン 「舵取り」

船の方向を定めるハンドル(舵)を操作する係りです。

みんなの故郷の港町は目の前なのに、なかなか近づけません。

見張りをしながら、舵取り係はうとうと居眠り。陸に住む恋人にもうすぐ会える。甘い気分で・・・

Mein Mädel

マイン メーデル 「ボクの愛する人」

舵取りや船乗りたちは陸に住む恋人をこう呼んでいます。Mädchen (女の子)と同じように中性名詞となっています。

もうすぐ会えるボクのかわいい彼女にこう言っています。

wenn nicht Südwind wär,

ヴェン ニヒト ズートヴィント ヴェール

「南風が吹かないと」

ich nimmer wohl käm zu dir

イヒ ニマー ヴォール ケーム ツー ディア

「キミのところには決して行けないかもだよ」

 

wärやkämは文法用語で言う「接続法II式」という形になっています。事実ではないことを仮定するときに使います。

 

「ああ、もっと南風よ吹いてくれ~!」

ach, lieber Südwind, blas noch mehr!

と、舵取りは夢の中でむにゃむにゃ言っています。

 

さて、気付きましたか?

思いっきり違和感ありますよね?!

こんなの、ヴァーグナー作品らしくないです・・

この舵取りのような、いかにも一般人のような感覚の登場人物はヴァーグナー作品には出てこないです。少なくともわたしが知っている4作品には出てきません。他の作曲家によるオペラではよく出てきますけどね。

この作品はヴァーグナーらしい作品の中では初期のものです。ヴァーグナーは既に独自のスタイルをほぼ築いています。でも、この作品の登場人物の中で「ヴァーグナー的」な人物はオランダ人とゼンタの2人だけです。

ヴァーグナーの他の作品で出てくる大衆は救済を求めている人々だったり、独特の儀式の信奉者だったり、それなりにヴァーグナー的なのです。

それらと比べて、「オランダ人」に出てくる舵取り、船乗りたち、糸巻きの女の子たちは見るからに平均的な普通の人々です。日常に疑問を抱かず、人生を謳歌する庶民たちです。

娘ゼンタを愛しているけどお金も大好きなお父さん船長や恋人ゼンタに夢中なエリックもどちらかというと普通の人々です。

初期の作品では、このような「普通のオペラ」みたいな人々も登場していたのだなぁ・・・

 

sieben Jahr' 

ズィーベン ヤール 「7年」

正確にはsieben Jahre と、最後にeを付けます。歌でも会話でも最後のeは、省略することが多いです。

「オランダ人」と名乗る男は呪われています。死ぬことが許されず、永遠に海を彷徨い続けます。7年に1回、救いのチャンスがありますが、もう諦めモード。

 

Nirgends ein Grab!

ニルゲンズ アイン グラープ

「どこにも墓がない」

Niemals der Tod!

ニーマルツ デア トート

「決して死がない」

絶望している男はさらにこう続けます。

Ihr Welten, endet euren Lauf!

イア ヴェルテン、エンデット オイレンラウフ

「世界よ、動くのをやめろ!」

名詞Lauf は動詞の「走る」laufenからきています。この世の中よ、動くのをやめろ、もう回転するな。そして、永遠の死よ、オレを迎え入れてくれ、と訴えています。

もうウンザリだ、コノヤロウ!という絶望的な心境なのです。

 

Sturm und bösen Wind

ストゥルム ウント ベーゼン ヴィント

「嵐と酷い風」

böseは悪いことを意味するのだけど(英語で言うbadやevilなど)、この言葉で始まる名前のとっても素敵なピアノブランドがありますね。ウィーンのベーゼンドルファー・・・

 

Schätz

シェッツ 「宝」

ゼンタの父はオランダ人の財宝に目が眩みます。オランダ人が娘を妻にしたいと言うものだから、ゼンタの父は大喜び。

 

ein treues Kind

アイン トロイエス キント

「忠実な子ども」

ゼンタの父は自信を持って自分の子どもは「忠実な子」だと伝えます。「子ども」も中性名詞です。

「忠実」「忠誠」を意味する treueは作品中に何度も出てきます。重要単語です。オランダ人は死ぬまで自分に忠誠である女と巡り合うことでしか救われないのです。救いとはつまり、ようやく死を迎えられるということです。この単語は必ず覚えましょう。

 

mein Schatz

マイン シャッツ 「わたしの愛する人」

港町の糸巻き作業所では、船乗りの彼の帰りを待つ女の子だちが作業しています。彼女たちは彼をmein Schatzと呼びます。いかにも典型的な女の子たちです。スズキ的にはつまらない環境です。この子たちとは、お友だちになれないです。

 

Bild

ビルト 「絵」

複数形はBilder ビルダーです。ビル(建物)のような印象ですが、違いますから、注意してくださいね。退屈な環境にいる女の子ゼンタは、ある絵に夢中です。

 

dummen Lied

ドゥメン リート 「バカな歌」

女の子たちが歌う無邪気でバカらしい歌にゼンタはウンザリです。dummはバカという意味で、dummkopfは「バカ頭」=バカな奴。ドイツ語学習初期の頃に覚えてしまった悪い単語です・・・

 

次はゼンタが歌うことになりました。これが俗に言う「ゼンタのバラード」です。あの絵の男の歌です。乳母のマリーが教えてくれた歌です。

ある年のバイロイト音楽祭での演出で、ゼンタは「ゼンタのバラード」を歌う直前に、自作の等身大の「オランダ人の人形」をガっとイキナリ頭上に持ち上げます。そして満面の笑み。まったく不気味な女の子です・・・

全3番まで。まず第1番から

blutrot die Segel

ブルットロット ディー ゼーゲル

「血のような赤の帆」

blutは血です。rotは赤。つまり血のような赤・・・不気味な表現です。

schwarz der Mast

シュヴァルツ デア マスト

「黒いマスト」

bleiche Mann

ブライヒェ マン

「青ざめた男」

絵の男は船乗りの「オランダ人」。顔は青ざめています。英語でいうpaleです。

ゼンタのバラードの最初の数行は激しいです。Doch以降は雰囲気が変わり、聖歌のような癒し、救済の部分です。ある聖歌とよく似ています。中学校の合唱曲「十字架(クルス)の島」にも出てくる、あの旋律・・・

 

2番です。

Satan

ザータン 「悪魔」

男は軽はずみで失言してしまいました。「永遠に海に居続けるぞ」という男の言葉を悪魔が聞いていて、その通りにしてしまったのです。

 

3番です。

alle sieben Jahr'

アレ ズィーベン ヤール「7年毎」

alle はここでは英語のallというよりeveryと考えると、すんなり理解できます。

男は7年ごとに陸に上がって求婚するのだけど、死ぬまで自分に尽くしてくれる女はいなかったようです。

Falsche Lieb', falsche Treu'

ファルシェ リープ

ファルシェトロイ

「偽の愛、偽の忠誠」

LiebはLiebe、TreuもTreue、それぞれeが省略されています。Falschは英語のFalse です。クイズでTrue or false?(正しいか、間違いか)というとき、ドイツ語ではRichtig oder Falschとなります。

あまりにも全身全霊で歌ったのでゼンタは3番の後半を歌う気力がもうないのです。(強烈な女の子ですね・・・) 歌を聞いていた女の子たちは、肖像画の男のかわいそうな話に興味をそそられました。うっとりしながら、ゼンタの代わりに続きを歌います。「誰が彼を救ってくれるのかしら・・・」と。

急にゼンタが起き上がって叫びます。「それは、わたしよ!!」

Durch mich sollst du das Heil erreichen!

ドゥルフ ミッヒ ゾルスト ドゥ ダス ハイル エライヒェン

「わたしを通してあなたに救済がもたらされるのよ!」

 

いつの時代も女の子たちは、かわいそうな男を自分の愛で救済するという妄想ごっこは好きなのでしょうね。それでも、「自分こそが!」と叫ぶゼンタを見て、他の女の子たちは恐ろしくなってしまったようです。肖像画の男の話なんて、ただの伝説、あるいは噂話みたいなストーリーなのに。

ゼンタさん、本当に不気味です・・・

 

ゼンタの恋人エリックが来てDer Vater kommt「お父さんが来たよ」と言うと、ゼンタがその言葉を繰り返します。Der Vater komt! と、ありえないぐらいヒステリックに。彼女は、既に無意識に、この先に待ち受ける運命を感じているのかもしれません。

ゼンタの父が来たということは、船が戻ってきたということです。女の子たちは船乗りの恋人を迎えるために出て行ってしまいました。

 

エリックは不安で仕方ありません。お金もないし、船乗りでもないし、ゼンタの父に結婚を認めてもらえるか、ゼンタに自分を選んでもらえるか。ゼンタ父は金持ちが好きだし、ゼンタは肖像画の男に夢中で、あの嫌なバラードをまた歌ったし。

Ich bin ein Kind und weiss nicht, was ich singe

イヒ ビン アイン キント ウント ヴァイス ニヒト ヴァス イヒ ズィンゲ

「わたしは子どもだから、何を歌っているのか自分では分かっていないのよ」

だから、何も心配しなくていいのよ。そうゼンタは言います。

その語順のまま英語の単語に置き換えるだけで、若干違和感はあるけど、ほとんどそのまま意味が通じてしまうでしょう。。

I am a child and know not what I sing ほらね。

子どもなんだから、何も分かっていないから、心配いらないと言ったくせに、エリックが自分が見た悪夢について話すと、ゼンタは激しく興奮してしまいました。

Er sucht mich auf!

エア ズーフト ミッヒ アオフ

「彼(肖像画の男)が私を探している!」

英語とドイツ語は似ています。でも違うのです。前置詞の使い方も違います。たとえばここのように「私を探している」の場合、英語ではforという前置詞を使います。ドイツ語にもforに相当するfürという前置詞がありますが、この場合に使うのはfürではなくaufなのです。

Ich muss ihn sehn!

イヒ ムス イーン ゼーン

「彼に会わなければ!」

 

エリックは夢が正夢だったことを知り、激しくショックを受けます。

Mein Traum sprach wahr!

マイン トラオム シュプラフ ヴァー

「ボクの夢は本当のことを言っていたんだ!」

 

Schicksal

シックザール 「運命」

Die Treue bis zum Tod

ディー トロイエ ビス ツム トート

「死ぬまで忠誠」

Pflichten

プフリヒテン 「義務」

女の神聖な義務・・・

苦しみ続ける運命の男に死ぬまで忠誠を尽くし、女としての義務を果たす・・・ ふつうの人々はそれを幸せなことと呼ぶのだろうか。ああ、息苦しくてスズキには無理(笑) ただの奴隷じゃないか。。

わたしはゼンタじゃない。でも、少し気にかかる部分が。

人生に退屈して、周囲の人間の日常に関心がなく、妄想を心の拠り所にして、その妄想上の運命の人が、突然現実に現れてしまったら・・・ うっかり、「これがアタシの運命なのね!」と受け入れてしまう可能性は、ほぼゼロだけど、絶対ゼロとは言い難い・・・かもしれない。?

ゼンタとオランダ人は運命的な出会いを果たしました。

 

ノルウェー船(ゼンタ父の船)の船乗りたちは陸に上がり、待ちに待った恋人との再会を楽しみます。飲んだり踊ったり大騒ぎ。ストイアーマン(舵取り)も、呼ばれて加わります。この元気な大騒ぎもヴァーグナーらしくないですね・・・

船乗りたちはお互い様なので他の船にも親切にします。オランダ人の船にも酒や食べ物を分け与えようと、声をかけているのに、音沙汰ありません。

ちらりと「オランダ船」のうわさ話をします。

ドイツ語で「さまよえるオランダ人」というのは「幽霊船」のことです。「オランダ人」=「幽霊船」と考えることもできます。

ところで、作品名の英語訳はThe Flying Dutchmanとなっています。彷徨うというより、完全に「飛んで」ます・・・日本語訳とはイメージが違うのですが、確かにfliegenは「飛ぶ」という意味の動詞なので、正しいのでしょうけど・・・

 

ノルウェー船の騒ぎが一段落したとき、ついにオランダ船の船乗りたちが歌い始めます。こわいです。でもカッコイイです。オドロオドロしい歌声にヴァーグナー的な世界を感じます。

 

ゼンタを引き止めようとするエリックは、昔のラブラブ時代の思い出話をします。

ああ、それにしても、どう考えてもエリックとゼンタは合わない。お似合いとは言えない。とことん普通の男エリック、しかもいつも自信が無いひ弱な男・・・そりゃあ、ゼンタさんも退屈するでしょう。船長の娘ゼンタの恋人がエリックで良いはずない。

 

オランダ人はゼンタに裏切られたと思い、ショックでゼンタを置いて海に帰ろうとします。

Sagt Lebewohl auf Ewigkeit dem lande!

ザークト レーベヴォール アオフ エーヴィヒカイト デム ランデ

「陸に永遠の「さようなら」を言うのだ」

ヴァーグナー作品の「さようなら」はもちろんLebewohlです。この作品でも何度も出ています。

 

ゼンタは諦めません。オランダ人を救うのは自分だと信じています。

Ich kannte dich, als ich zuerst dich sah!

イヒ カンテ ディヒ アルツ イヒ ツエアスト ディヒ ザー

「初めて会ったとき、わたしはあなたを知っていたのよ!」

動詞が過去形です。 kannte (知る)も sah(見る=会う)も。

そして、als に注目しましょう。過去のある時点を指すとき、たとえば子ども時代のことなどを語る場合、英語では when I was a child でも as a child でも良いのですが、ドイツ語ではwenn ではなくalsを使います。

 

「キミがオレを知ってたなんて、そんなはずないから」とオランダ人は言います。ゼンタはオランダ人を追って海に飛び込みます。

最後にゼンタが放つ言葉の中で最も高音で叫ぶのは、もちろんtreu トロイ という単語です。忠実、忠誠、自分が死ぬまでアナタにわたしの誠を捧げます・・・

 

公演情報 

2019年4月5日(金)19時

2019年4月7日(日)15時

東京文化会館(上野)

演奏会形式

チケットぴあで残席を確認 icon

 

参考動画

ドイツ語学習者の皆さん、もしストーリーが気に入ったら、音楽も聴いてみませんか?カッコイイですよ。さあ!こわくないから!

 

フルバージョン

誰かが勝手にアップしたものはスズキブログには載せない方針です。本文中で言及したバイロイト音楽祭の映像が気になる方は自分で探してみてください。

 

音声のみ


Wagner: Der Fliegende Holländer

 

フランス北西部カーンでの上演


Wagner - Der fliegende Holländer (The Flying Dutchman) | Act 1/3


Wagner - Der fliegende Holländer (The Flying Dutchman) | Act 2/3


Wagner - Der fliegende Holländer (The Flying Dutchman) | Act 3/3

 

短い宣伝映像

ドイツの歌劇場のチャンネルを中心に、たくさんYouTubeにあります。

地方の小さい劇場のものも多いです。ここに載せたのはごく一部です。さあ、お好みのものを探してみてください!

 

ドイツ ベルリン


DER FLIEGENDE HOLLÄNDER | Oper von Richard Wagner | Staatsoper Berlin

 

ドイツ バイエルン歌劇場


Trailer DER FLIEGENDE HOLLÄNDER

 

ドイツ ハーゲン 


Der Fliegende Holländer | Oper von Richard Wagner

 

ドイツ キール


Theater Kiel | Der Fliegende Holländer

 

ドイツ ハイデルベルク


DER FLIEGENDE HOLLÄNDER - Theater und Orchester Heidelberg

 

ドイツ レーゲンズブルク


Der fliegende Holländer | Theater Regensburg

 

これもどうぞ!ドイツ語で「さまよえるオランダ人」のストーリーを説明しています。所要時間6分。演技をするのはレゴの人間たち!ドイツ語の勉強になりそうです。アナタはどこまで理解できるかしら?(他のオペラ作品版もあるらしい。おもしろそう!)


Lego Oper- Der Fliegende Holländer - BR-KLASSIK

 

---------------------------------------------------

 

いかがでしたか?

疲れてしまいました?

ドイツ語の勉強をもっとやりたい人はこちらをどうぞ。

www.music-szk.com

 

 

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2019. All rights reserved.