ニコラ・アンゲリッシュ ピアノ・リサイタル 2019年10月15日 鑑賞後メモ

紀尾井ホール

2019年10月15日

ピアノ:ニコラ・アンゲリッシュ

J. S. バッハ(ブゾーニ編)
コラール「いざ来たれ、異教徒の救い主よ」BWV659

ブラームス
7つの幻想曲集 op. 116

ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 op. 27-2「月光」

(休憩)

シューマン
クライスレリアーナ op. 16

www.music-szk.com

週の頭にコンサートに行くと、週の残りの日々が疲労でツライ。一瞬迷ったが、やはり行ってきた。当日券で最前列を選択。

  • 個人的なベスト瞬間!
    ⇒ バッハの後、拍手無しでブラームスに突入したとき
    これでもかというぐらい徹底的にメロディーを歌わせたバッハのコラール。どう考えてもこれは次のブラームス晩年の作品の序奏だとわたしは思った。願わくば、そのまま中断されずに次の曲に進んで欲しい・・・(つまり、お客さん、どうか拍手しないで!という心境)
    スズキの願いは叶った。コラールの最後の音がだんだん弱くなり、完全に消えた次の瞬間に「ダダダ ダダダ ダダダ」と劇的にブラームスの曲が始まった!キター!と思わず心の中で叫んだ!

  • バッハのコラール
    解説には「ホロヴィッツが愛奏した」とあったが、わたしはホロヴィッツの演奏は知らない。この曲の演奏で、わたしが知っているのはヘルベルト・シュフのCDの演奏とわたし自身(笑)の演奏だけ。素人のわたしの演奏などと比べてはいけないのだが、アンゲリッシュの演奏は前述の通り、徹底的にメロディーを歌わせていた。濃厚で思いっきりロマンチックな演奏は、わたしには新鮮に感じられた。(というのも、わたしの同曲のイメージはもっとシンプルでささやかな感じだったので。)

  • ブラームス
    5番インテルメッツォが最高に良かった!ブラームス作品の中で最も瞑想的で天の国に片足を踏み入れているような感覚のアノ曲!2番のインテルメッツォも好きだけど、それより5番が凄かった。絶妙な力の抜け方と透明な響き・・・

  • ベートーヴェン「月光」で思い出すのは、偶然ほぼ同時にフランク・ブラレイの演奏とルイス・フェルナンド・ペレスの演奏で「月光」を聴く機会があったこと。2016年だったと思う。第3楽章、熱く激しいペレスさんの演奏とクールで整然としたブラレイさんの演奏。あのときは、そんな対比が面白かったな。で、今回、ニコラ・アンゲリッシュの演奏を聴くことになった。ニコラさんの第3楽章は、熱く激しい演奏だった。わたしは残念ながらこの第3楽章は弾けないのだが、弾ける人にとっては、どうしても衝動的に熱く激しく弾きたくなってしまう楽章なのかもしれない。クールに弾くブラレイさんは例外なのだろう。ブラレイさんの演奏は不思議だった。常時、通奏低音(ベース)のような小気味良いビートを刻みながら、冷静な頭で弾き切ってしまう。あのビートは、やはりニコラさんの演奏では聞こえてこなかった。(あるピアニストの演奏を聴きながら別のピアニストのことを思い出してもいいよね?)

  • 過去記事の通り、憂鬱な曲ばかり並ぶプログラムが好き。まったく変える必要はないのだけど、でも、でも、たとえば「月光」は別の曲でも良かったかも?なんて思ったり。シューマンかブラームスがいい。たとえばシューマンの精霊の主題による変奏とか?どうかな・・・

  • クライスレリアーナ
    最初の数音が有り得ないぐらいバカでかい音量で、最前列のスズキは心臓止まりそうなほどビビった。もし、狙ってそうしたなら、効果抜群。スズキは「やられてしまった!」状態。狙ったわけではないなら・・・???

  • アンゲリッシュの演奏は、どの曲でも、部分的に思いっきりテンポを落とす。たまにというより何度も。CDやYouTubeで聴いていたときは、もっとスッキリ系の演奏だと思っていたのだが、どうも違うらしい?

  • クライスレリアーナ
    これの終曲も、あのブラームスの瞑想的なインテルメッツォのタッチで弾いてくれれば良かったのに。そうではないタッチだったと思う。クライスレリアーナ全体的に、すごく好きな演奏もあり「うーん」と思った部分もあった。

  • そんなわけで、この日の個人的なピークはやはりバッハ⇒ブラームスのあたりだった。でもね、演奏終了後、クライスレリアーナを弾き切った男の姿というか表情というか、あそこまで似合う人などいない。おお!と思った。何はともあれ、何年も生演奏で聴きたいと思い続けてきたニコラ・アンゲリッシュの演奏をついにスズキは聴いた。ブラレイさんを知った年にニコラさんのことも知ったはず。だとすると、それは2011年。わたしは8年も待っていたのか。じわり、じわり、感動が込み上げる。

  • アンコールはシューマン「子供の情景」から「見知らぬ国から」とブラームスの7つの幻想曲集op.116-4インテルメッツォ。いずれも美しい響きで堪能。蝶ネクタイ付きの正装で演奏したアンゲリッシュは、深々と頭を下げる。最後は両手を合わせて感謝を示しつつ「もうこれ以上用意していないゴメン」という感じで終わり。

  • 終演後のサイン会に並びたかったけど、買いたいと思うCDがなかった。既に所有しているのは買わないし、値段が高いのもちょっと気がすすまない。CD販売の人にお願いしたい。来場者の多くはリサイタルに来ている時点で、ある程度ピアニストについて知っている場合が多い。レア物CDで1000円から2000円ぐらいだときっと喜んで買うのでは? それに「今日の演奏曲が入っているCD」より、「今日と違う曲」をアピールするほうが興味を持ってもらえると思うのだが・・・ 
    まあでも、そのピアニストの定番CDと「今日の曲」を中心に売るのがCD屋さんの販売方針なのだろう。わたしが欲しいのはそういうのではないのに・・・
    並んでニコラさんにご対面して「今日のプログラムと演奏が好き」と伝えたかったのに・・・

 

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2019. All rights reserved.