2019年 クリスマスに行きたいクラシック音楽コンサート特集 東京・首都圏(第九コンサートから卒業したい皆さんに!)

f:id:music-szk:20190904204108j:plain

音楽好きの皆さん、こんにちは。スズキさんですよ。

昨年は「クリスマスに行きたいクラシック音楽コンサート特集」に多くのアクセスをいただき、ありがとうございました。

でもね、皆さんアクセスするのが遅すぎます。クリスマス直前にコンサートを探しても、魅力的なコンサートはとっくに完売です。

クリスマスコンサートのチケットは早めに手配しましょう。クラシック音楽好きのスズキは、9月中にチケットを手配することをオススメします。

多くのコンサートが9月頃までに販売開始となります。

一緒に行く相手など後で探せばいい。一人で行ってもいい。何にしても、まずは席を確保しておこう。

クリスマスシーズンに聴けるクラシック音楽コンサートと言えば、日本では「第九」が定番です。ベートーヴェンの交響曲第9番のことです。年末らしい盛り上がりを楽しめる名作です。素晴らしい曲です。

でも、第九ばかり演奏される年末は、クラシック音楽を心から愛する人間にとっては少々退屈なのです。本音を言えば、他の曲も積極的に演奏してもらいたい。

そう願うからこそ、去年、当ブログでは第九ではなく、他のコンサートをオススメする記事を書きました。今年もまた、第九ではなく、ほかのコンサートをご紹介します。

第九を鑑賞したい人は、この記事を読む必要はないです。すぐにチケットを探して買ってしまいましょう。

>>>チケットぴあ 2019年「第九」特集 icon

 

第九ではない

オススメコンサート!! 

 

 

★ サントリーホール(東京 溜池山王駅)

クリスマスの雰囲気に相応しいステキなコンサートホール。

ランチタイム無料オルガンコンサート

2019年12月19日(木)12:15-12:45

サントリーホール

いきなりですが、コンサートに行くお金などないという方でも楽しめる無料コンサートをご紹介します。とにかく巨大なパイプオルガンの響きを体験していただきたい。パイプオルガンは楽器というより、建物の一部なのです。ヨーロッパでは教会にも備え付けられているのですが、日本ではパイプオルガンというと、そのほとんどがコンサートホールに設置されているものとなります。欲を言えば、ヨーロッパの古い教会で聴きたいけど、ここは日本。仕方ない。コンサートホールでオルガンの迫力を味わおう。

この無料コンサートは毎月開催されています。以前、ホールの近隣で働いていたのでランチタイムを犠牲にして聴きにいったことがあります。お客さんは近所のオフィスビルに勤める人々、年配のクラシック音楽ファン、お子さん連れのママたち(小さい子供たち用に小ホールが開放されている)など。

演奏の前後は天気が良ければホールの前(「カラヤン広場」と言う)でランチを食べよう。家から持っていってもOK。コンビニで買ってもOK。オフィスワーカーが利用する弁当屋で買ってもOK。

 

東京ヴィヴァルディ合奏団

第20回! ファンタジックなクリスマス
~ザ・クリスマス・ソング~

2019年12月22日(日)14:00~

>>>このコンサートのチケットを買う(チケットぴあ) icon

小ホールでの演奏です。大規模なホールの盛り上がりもいいのだけど、プライベート感のある小ホールの方がクラシック音楽ファンのスズキ的にはオススメだったりします。ヴィヴァルディ作曲「四季」から「冬」も演奏されるとのこと。サントリーホール

 

サントリーホールのクリスマス 2019
with バッハ・コレギウム・ジャパン

2019年12月22日(日)16:00~

>>>このコンサートのチケットを買う(チケットぴあ) 一般発売9月19日 icon

大ホールでパイプオルガンもたっぷり楽しめそうです。演奏するのは日本を代表するバロックアンサンブルの皆さん。皆さんも聴いたことがあるトラディショナルなクリスマスキャロルの他、バッハのオルガン曲も。指揮は鈴木雅明さん。曲の編曲とオルガンはご子息の鈴木優人さん。ホテルランチ付きチケットもあるので、サントリーホールのサイトでご確認ください。サントリーホール

 

サントリーホール クリスマスコンサート 2019
バッハ・コレギウム・ジャパン『メサイア』 

2019年12月23日(月)18:30~

>>>このコンサートのチケットを買う(チケットぴあ) icon一般発売9月19日 

ヘンデル作曲の「メサイア」を知ってますか? きっとご存知ですよ。「ハーレルヤ!ハーレルヤ!」という歌です。年末の音楽として、世界では「第九」より「メサイア」が歌われることが多いです。最近は日本以外でも年末に「第九」を演奏するところもありますけどね。上のクリスマスコンサートと同じくバッハ・コレギウム・ジャパンが演奏します。お忙しそうですね。というのも、このアンサンブルは「メサイア」を軽井沢でも演奏するのです。世界各地でも演奏するプロフェッショナルな団体です。クラオタ一同、自信をもって推薦します。ホテルディナー付きチケットもあるので、サントリーホールのサイトでご確認ください。サントリーホール

「メサイア」の参考動画


Royal Choral Society: 'Hallelujah Chorus' from Handel's Messiah

 

 

ちょっとだけ、東京・首都圏から抜け出しませんか・・・?

 

★ 大賀ホール(長野県 軽井沢駅)

新幹線に乗って日帰りで軽井沢へ!!それとも1泊する?!

バッハ・コレギウム・ジャパン「メサイア」

2019年12月21日(土)15:00~

>>>このコンサートのチケットを買う(チケットぴあ) icon

去年行きました。コンサートの前にホテルのランチビュッフェを楽しみました。そのホテルは少し遠くて交通不便でしたが・・・ 大賀ホールは新幹線駅の軽井沢駅から徒歩でアクセスできます。この時期の軽井沢は気温マイナスで雪が降ることもあるので天気予報を要チェック。(去年のメサイアの日は東京と同じぐらいの天気だった)

よろしければ過去記事をご覧ください。スズキ流「メサイア」解説もついてます。大賀ホール

www.music-szk.com

 

 

★ 新国立劇場(東京 新宿 初台駅)

バレエを観よう!

新国立劇場ではバレエ、オペラ、演劇などを鑑賞できます。本当はスズキはクリスマスにオペラが観たい!! なのだが、東京を代表するオペラハウスである新国立劇場では毎年クリスマスの時期にはバレエを上演、もう一つのオペラ上演場所である上野の東京文化会館では第九とバレエばかり。ヨーロッパの歌劇場ならバレエの翌日にオペラを鑑賞なども可能なのだが、日本では無理らしい・・・

なので、残念ながらクリスマスにオペラを鑑賞するのは、日本では難しいのだ。でも、バレエも超オススメです。音楽はオーケストラの生演奏。自分の経験上、後方の安い席でも舞台全体が見渡せて十分楽しめる。上演回数が多いので、自分の都合で日時を選べるのも便利。新国立劇場には毎年すてきなクリスマスツリーが設置されているし、雰囲気的にも間違いないでしょう。今年の演目はチャイコフスキー作曲の「くるみ割り人形」です。

2019年
12月14日(土)13:00、18:00
12月15日(日)13:00、18:00
12月17日(火)13:00
12月21日(土)13:00、18:00
12月22日(日)13:00、18:00

>>>このバレエのチケットを買う(チケットぴあ) icon

行きたくなるよね。この動画を見ちゃうと。好きな曲もたくさんあるし。あ!ネズミさん!新国立劇場サイト


3分でわかる!バレエ『くるみ割り人形』|新国立劇場バレエ団

 

★ 銀座ヤマハホール(東京 銀座駅)

アクセス便利。雰囲気抜群の小ホール。

先月のスズキブログの記事 カウンターテノール歌手こそクラシック音楽界の救世主だ! 彼らの強烈な魅力を解剖 - 音楽好きのスズキ 第2楽章 を読みましたか? カウンターテノールに興味を持った人にオススメしたいコンサートがあります。プログラムにはクラシック音楽(オペラ、オペレッタ、オラトリオ)が並んでいます。クリスマスを意識した曲も入っています。銀座ヤマハホールはどの席に座ってもステージが身近に感じられるサロン的な雰囲気のある小ホールです。ヨーロッパの第一線でも活躍中の歌手2人による共演です。銀座ヤマハホール

2019年12月20日(金)19:00~

ソプラノ&カウンターテノール

中村恵理(ソプラノ)
藤木大地(カウンターテノール)
園田隆一郎(ピアノ)

>>>このコンサートのチケットを買う(チケットぴあ) icon

 

★ トッパンホール(東京 飯田橋駅・後楽園駅・江戸川橋駅)

どの駅からも少々遠い。それなら神楽坂でランチして、散歩しながらホールへというのはどうかな?

無伴奏ヴァイオリンのコンサートです。こういうものは、やはり小ホールで聴きたい。音楽は、箱(ホール)が大きければ大きいほど良いというわけではない。それぞれ曲にふさわしい演奏場所がある。クリスマス前、バッハの音楽をヴァイオリン奏者1人だけの演奏で楽しむ。素敵な時間です。トッパンホール

2019年12月21日(土)14:00~

前橋汀子(ヴァイオリン)
J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パルティータ全曲

チケットぴあ発売分は売切。ホールのサイトで購入可。

 

★ 紀尾井ホール(東京 四ッ谷駅他)

このホールで鑑賞するとき、わたしは、食事は赤坂見附で食べる・・・

このコンサートのプログラムは、クラシック音楽の他、ミュージカル音楽も。気軽に聴ける音楽が並んでいます。クラシック音楽ファンのスズキのコメントとしては、演奏者の皆さんが都内のコンサートでよく名前を見かける実力者揃いであること。プロのオーケストラ団員など。一般向けの気軽なコンサートに見えますが、それなりに高いレベルで演奏してくれると思います。ホテルディナー付きプランもあるのでホールのサイトでご確認ください。紀尾井ホール

歌で楽しむクリスマス2
紀尾井クリスマスコンサート2019 聖夜の奇跡

2019年12月21日(土)16:00~

2019年12月22日(日)16:00~

>>>このコンサートのチケットを買う(チケットぴあ) icon一般発売9月14日

 

 

★ 東京文化会館(東京 上野駅)

駅前のホール。大ホールでは第九やバレエ。今回紹介するのは小ホール

2019年12月21日(土)14:00~

小林道夫チェンバロ演奏会

小ホール

>>>このコンサートのチケットを買う(チケットぴあ) icon

既にチケットは販売されているのに、具体的なプログラムがネット上どこにも見当たらないのですが(9月8日時点)・・・。やっぱりバッハかな?それとも? 曲が何であれ、クリスマス直前にチェンバロのソロリサイタルを鑑賞するなんて、幸せなことだと思います。チェンバロ奏者小林さんの演奏は数年前に東京有楽町のラ・フォル・ジュルネ音楽祭で鑑賞しました。たぶんあれがわたしにとって初チェンバロ鑑賞だったはず。

チェンバロという楽器をご存知でない方のための参考動画 ↓こんな音です。


Bach - WTC I Prelude and fugue in F-sharp minor BWV 859 - Ogg | Netherlands Bach Society

 

★ 東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂(東京 江戸川橋駅)

ヨーロッパかぶれのスズキとしては、クリスマスコンサートは、特に宗教曲は、本当は教会で鑑賞したい。日本の多くの教会は、ヨーロッパの教会より小さく、歴史も短く、特別な建物というより普通の建物であることもしばしば。しかし、このカテドラル教会は、現代建築でありながら、荘厳な雰囲気があり、ヨーロッパの教会に近い響きを感じられるのでは・・・? かなり昔にここでオルガンコンサートを聴いたことがある(と記憶している)。たぶん子ども時代にも来たことがあるはず。。。 でも、なぜか「毎年開催」と書かれているこのクリスマスコンサートをわたしは知らなかった。チェコからバロックアンサンブルが来日するというのも注目点。(なんでわたしは知らなかったの?!) 演奏日は平日だけど、懐に余裕があれば、これも行ってしまおうかしら? カトリック関口教会

2019年12月19日(木) 19:00~

プラハ・バロック合奏団

 “きよしこの夜~クリスマス名曲の贈り物”
2019年東京カテドラル聖マリア大聖堂公演

>>>このコンサートのチケットを買う(チケットぴあ) icon

演奏予定曲は「チケットぴあ」リンクで確認↑ 

 

神奈川県のコンサートも検討してみては?

 

★ ミューザ川崎シンフォニーホール(神奈川県 川崎駅)

ここにも大きなパイプオルガンがある!

オルガンとハンドベルでクラシック音楽のクリスマス曲を楽しめる。ミューザ川崎

MUZAパイプオルガン クリスマス・コンサート2019

2019年12月21日 (土) 14:00~

>>>このコンサートのチケットを買う(チケットぴあ) icon一般発売9月15日

 

 

行くコンサートは決まりましたか?

ステキな時間が過ごせますように!! 

 

ところでパワポで作成した冒頭のイラスト、なかなかイイ感じでしょう?! 気に入っていただけるといいな。クリスマスカードにして販売したら売れるかしら?

え?なに?

ツリーにスズキさんの顔が付いていて気持ち悪いって?

あはは。

もう、変なこと言わないでちょうだい(笑)

顔が付いているなんて、そんなはずないから。

 



スズキブログを読んでくれてありがとう!また来てね!

せっかく来たから、他の記事も読んでみたい?

www.music-szk.com

www.music-szk.com

www.music-szk.com

www.music-szk.com

www.music-szk.com

www.music-szk.com

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2019. All rights reserved.