2020年4月17日 ご報告

f:id:music-szk:20200417194254p:plain

わたしが1月末にプレオーダーに申し込み、2月中旬にチケット手配完了の連絡を受け取った、夏に開催される、ミュンヘンのオペラ音楽祭は、中止となりました。

2~3日前にドイツの今後の感染防止対応が発表されました。あらゆる制限は少しずつ緩和されていく方針のようでしたが、どうしても気になる情報が→「大規模イベントは8月末まで開催不可」 

オペラは大規模イベントだよね・・・

音楽祭も大規模イベントだよね・・・

音楽祭中止の連絡が近いうちにあるとは思っていましたが、ついに先ほどこのようなメールが届いたのでした。

覚悟はしていたけど悲しくて涙が止まらない。

北ドイツの友達と行こうと思っていたシュレースヴィヒ=ホルスタイン音楽祭もサイトによると「詳細はこれから」みたいですが(ドイツ語しか更新されてない!)、当然ドイツ国内なので同じく開催中止の方向で調整しているようです。

これにより、わたしは夏のドイツ旅をキャンセルすることになります。

 

わたしにとって最も大事な「旅」と「ライブ音楽」が消えてしまった世界など、もう何の価値もない。

この状況が長く続くなら、早く毒を飲んで死にたい。

そうだ!ハムレット母みたいに、知らずに毒入りのワインでも飲んで息絶えるのが最大の幸せだ。

もう生きていくのが嫌だ。

今ほど「旅」と「ライブ音楽」が必要な時があっただろうか。

今こそこれらが必要なのに。

ネットやCDやDVDで楽しむ音楽芸術など、わたしにとっては、ただの勉強道具だ。ホンモノではない。

 

読書も語学の勉強も何もかもすべて旅と音楽鑑賞のためだった。

 

大事なものはすべて消えてしまった。

残っているのは重苦しい義務だけ。

ああ、早く死にたい。

Copyright © Ongakuzukino Suzuki 2020. All rights reserved.